実施中:2021年度持続可能な資材調達バロメーターのアンケートに回答する
今すぐ開始

持続可能資材調達アカデミー

CSR、持続可能性、そして持続可能な資材調達に取り組むために

  • CSR評価

    CSR評価とは、企業がCSRの理念をどの程度、事業に取り入れているかを評価するものです。 評価プログラムは、継続的な監視プロセスに向けた最初のステップです。

  • 企業の社会的責任

    企業の社会的責任とは、自らの意思決定や活動が社会や環境に与える影響について、透明で倫理的な行動を通じて組織が責任を負うことです。

  • サプライヤー行動規範

    サプライヤーの行動規範は、企業のサプライヤーが責任ある環境に優しい条件で働くことを保証するために作成されます。

  • サプライヤー評価

    サプライヤー評価とは、定量的・定性的な評価により、潜在的なサプライヤーを評価し、承認するプロセスを指します。

  • 持続可能性の報告

    持続可能性の報告により、組織は広範囲の持続可能性の問題に対する影響を考慮することが可能になります。これにより、組織は直面するリスクと機会についてより透明性を高めることができます。

  • 持続可能な調達

    持続可能な資材調達とは、環境および倫理的基準を含む企業の社会的責任 (CSR) の原則を採用し、資材調達のプロセスに統合することです。

  • 持続可能な資材調達の手引き

    持続可能な資材調達に関してよく聞かれる質問に回答いたします。

  • 持続可能な調達

    「責任ある調達」とも呼ばれる持続可能な調達は、社会的、倫理的、環境的なパフォーマンスの要因をサプライヤー選定のプロセスに組み込むことです。