EUタクソノミー

グリーンタクソノミーとは基本的に、環境面で持続可能と見なすことができる経済活動とはどのようなものかを明確にした分類システムのことです。EUタクソノミーは、社会と環境にとって有益な企業活動を定義する枠組みを提供することで、グリーンウォッシングを回避し、持続可能な投資のための公平な競争条件を実現するものです。

EUタクソノミー規則は、以下の3つのグループに適用されます。

  1. 500名を超える従業員がおり、非財務報告指令(NFRD)の対象となっている企業
  2. 職業年金事業者を含む金融業界の企業で、所在地はEU外であっても、EU内で金融商品を取り扱っている企業
  3. グリーン金融商品やグリーン社債の公的措置、規格、ラベルを設定するEU機関および加盟国機関

金融業界の企業とそれ以外の業界の企業では要件が異なりますが、両方のカテゴリーに該当する企業もあるかもしれません。