Skip to content

ドイツ サプライチェーンデューデリジェンス法(LkSG)対応のソリューション

Sustainability Intelligence Suiteがデューデリジェンスと報告を効率化

Main content

2024年1月1日から、ドイツで新たなサプライチェーン法(LkSG)の第2段階がスタートしました。この法律は、従業員数が1,000人以上の企業に対し、サプライチェーン内での人権に関するリスクを概括的に分析し、具体的な対策を講じながら、その結果を報告することを義務付けています。この義務は、直接の取引先だけでなく、それ以下のサプライヤーにも及びます。EcoVadisのSustainability Intelligence Suiteは、そのデューデリジェンスと報告の要求に対応するための包括的なソリューションを提供しています。

EcoVadisのSustainability Intelligence Suite

EcoVadisが15年以上の経験、500人の専門アナリストの分析をもとに構築したこのシステムには、170万社を超える世界中の企業の「リスク評価」と22万以上の「サステナビリティ評価」が統合されています。シンプルな4ステップで、BAFA基準に準拠したLkSGリスク管理を実現します。

ステップ1: リスクの特定

サプライチェーンを数日でスキャン

全てのサプライヤーが対象
ステップ2: パフォーマンスの評価と理解

選択したサプライヤーに対して評価を実施

リスク・支出額のレベル・重要度の高いサプライヤーが対象
ステップ3:改善支援

改善の優先順位を示すガイダンスとプラットフォームへのアクセスを提供し、改善・リスク軽減を促進

改善を必要とするサプライヤーが対象
ステップ4:包括的な報告

シンプルかつ専門的な報告と
360°ウォッチ

ステップ1:

IQ Plus(グローバルサプライチェーンのためのサステナビリティ・インテリジェンス)を活用すれば、サプライヤーに問い合わせすることなくESGに関するリスク分析をスピーディに実施できます(全文書のスキャンも含む)。これにより、デューデリジェンスのステップを可視化し、改善の優先順位を決定。サプライヤー側の手数料も不要です。

ステップ2:

IQ Plusによるリスクと支出に関する評価に基づき、「基礎的な質問票への回答」「レーティング評価の受審」を依頼すべきサプライヤーを見定めます。スコアカードのレビューを実施し、次のステップを決定します。

ステップ3:

サプライヤーごとにカスタマイズされたスコアカードを基に、改善計画とアビリティの向上を目的としたEラーニングコース(50種類以上)を紹介。サプライヤーのスコアが「リスク」レベルから「パフォーマー」レベルへと向上するよう、プロセスを設計します。

ステップ4:

LkSGをはじめとする、グローバルな標準規格やローカル規制(CSRDやUNGCなど)に対応したレポートフォーマットをご提供します。ESGテーマ別のカスタマイズ可能なダッシュボードとレポートの入手が可能です。

EcoVadisとドイツ サプライチェーン・デューデリジェンス法 - 人権デューデリジェンスの実施におけるサステナビリティ・インテリジェンス

既に世界中の1,000を超える調達チームから信頼されています

LkSGの詳細要件、およびその要件に取り組む上でEcoVadisがサポートできる点

LkSG §5 定期的なリスク分析の実施

IQ Plusと基礎的な質問票(バイタル)を活用することで、リスクを迅速に識別し分析します。

  • 180ヶ国・200を超える業種で、サプライヤーのESGリスクを継続的にスキャンしてプロファイリング。分析できるサプライヤーの数に制限はありません。また、サプライヤー側の手数料も不要です。
  • 業界をリードする自動化されたデータマイニングによって、サプライヤーの主要な文書にアクセスできます。
  • 10万以上のソースから情報を集める360°ウォッチと、ニュースのライブ監視で、リスクに関するアラートを提供します。
  • 改善点の適切な優先順位付けを行い、デューデリジェンスの次段階であるカーボンヒートマップへ進みます。これにより、温室効果ガス削減の機会を特定します。

LkSG §5 定期的なリスク分析の実施

サステナビリティスコアカードを反映した、デューデリジェンスに関する取り組みのガイドラインを提供します。

  • リスクや支出額のレベルが高いサプライヤーに対し、検証済みデータソースをスクリーニングします。
  • ESGに関するサプライヤーの課題と企業規模(零細から大企業まで)に合わせ、14言語で評価できます。
  • サステナビリティの専門家チームが950種類を超えるESG認証・ラベル・基準に関する文書をレビュー。エビデンスと分析に基づいた徹底評価を行います。
  • 各地域・各業種のベンチマークとなる、総合スコア・評価テーマ別スコアを記載します。
  • 優先順位とともに改善点を明示。サプライヤーのリスク軽減施策についてガイドラインを提供します。

LkSG §6 説明用覚書と予防措置

専門家によるガイドラインの提供とともに、プログラム管理を全面的にサポートします。
プログラム戦略立案と導入計画

  • ガイドラインの提供
  • バイヤー向け研修
  • サプライヤーのオンボーディングとサポート
  • コミュニケーション手法の開発

LkSG §7 是正措置

是正計画とラーニング・ソリューションによって、レジリエンスを構築し、サプライヤーのリスク改善を支援します。

  • サプライヤーのスコアカードに基づき是正措置計画(CAP)を立案。コンプライアンス違反のリスクと優先度に関する詳細を提供します。また、 複数のクライアントとの同時提携をとりまとめます。
  • Eラーニングのプラットフォームでは、9言語で利用可能なコース(50種類以上)をご用意。「内部通報システムの設定」から「カーボン排出量の計算」まで、お客様およびサプライチェーンに対し、ESGに関するトレーニングを支援しています。
  • サプライヤーは、対応の最適化、およびサステナビリティパフォーマンスの改善について、EcoVadis認定パートナーによるトレーニングが受けられます。

LkSG §10 文書化および報告

ビジネスインテリジェンスとカスタマイズ可能なダッシュボードを提供します。

  • BAFA基準に則った、LkSGのレポートが簡単に作成できます。
  • テーマ別およびKPI別(24種類)に、ダッシュボードのレポートがカスタマイズ可能です。
  • GRI、DJSI、サステナビリティ/CSRレポートの結果が反映されます。
  • 顧客、投資家、ステークホルダーと評価スコアカードが共有可能です。
スコープ3の脱炭素化の取り組みが加速。最新の戦略および主要データをご確認ください。
表示する
デューデリジェンス規制の強化に対応する必要がありますか?Ecovadis最新のebookをご覧ください。
表示する