バリューチェーンのスコープ3に関する報告と規制順コンプライアンス | EcoVadis Skip to content

スコープ3
のカーボン報告ルールについて前もって準備する

炭素会計が大きく変わろうとしています。欧州、米国、その他の地域の立法者によって、スコープ3に関する開示が義務付けられるようになっています。そのため、これまで以上に多くの企業が、自社カーボン排出量の厳しい規制監視を受けることになります。

Main content

規制によって排出量に関する報告が大きく変化している

カリフォルニアの企業気候データ説明責任法では、組織が行う世界規模および国内の事業活動全体について、気候に与える影響を追跡し、報告することが義務付けられています。スコープ3の総排出量が追跡・報告の対象です。

SB 253に関する詳細

提案されているSEC規則では、重大と思われる場合はいつでも、間接排出量の開示を求められることになります。最終的にスコープ3の開示が義務付けられなくても、サプライヤーは気候に対する影響を開示するよう圧力を受けることになります。

SEC気候情報開示規則

EUの企業のサステナビリティレポートに関する指令(CSRD)では、スコープ1、2、3のすべてについて、排出量を詳細に開示し、削減目標を設定することが義務付けられています。報告には、第三者による検証が必要となります。

CSRDについて

オーストラリアでは、気候変動による影響の高まりを受けて、開示基準が厳格化しています。提案されている気候関連財務情報開示によって、推定23,000社の企業が、スコープ3の排出量の詳細を開示する必要が生じます。

オーストラリアの気候変動に関する開示

CDPによると、スコープ3の排出量を報告している企業は全体の41%にすぎない

企業は、スコープ3の各カテゴリーの追跡に後れを取っており、サプライチェーンの排出量の開示が義務付けられた場合に対応できなくなるというリスクを抱えています。多くの調達チームが、サプライヤーのエンゲージメントについて、どのように優先順位を付ければよいかがわからず、行き詰まっています。CDPの調査では、気候関連の問題について、すでにサプライヤーと協力して取り組んでいると回答した企業は全体の39%でした。

進化する規制要件により正確に対応する

EcoVadisのカーボンアクションマネージャーを活用することで、サプライヤーの温室効果ガス管理システムに関するインサイトを得ることができ、目標となっている削減が促進され、スコープ3の排出量をより正確に開示できます。

迅速なリスクマッピングと
エンゲージメントの優先順位付け

カーボンヒートマップを使用すると、サプライチェーン全体でカーボンホットスポットをマッピングし、優先順位を設定できます。また、温室効果ガスのパフォーマンスを改善できる可能性が最も高い領域を特定できます。

コラボレーションモデルを
拡大する

リスクとサプライヤーの成熟度を把握し、サプライヤーの協力を簡単に得られる体制を構築して、データ収集を効率化できます。サプライヤーは、温室効果ガス(GHG)プロトコルに準拠したカーボンカリキュレーターにアクセスして、自社のスコープ1およびスコープ2の排出量を算定できます。

サプライヤーを
サポートする

Eラーニングとカスタマイズした改善計画を活用して、サプライヤーが能力と成熟度を上げられるようにします。貴社のサプライヤーは、排出量を測定、報告、削減するための効率的なシステムを構築する方法について、具体的なアドバイスを受けることができます。

信頼できる一次データを
取得する

信頼性の高いデータを利用します。信頼性の高いデータとは、証拠に基づいており、独立したレビューが行われているデータのことです。パートナーのポートフォリオのために、単一ソースのサプライヤー入力が指標レベルのメトリクスに変換されます。

憶測を含まない
排出量報告

世界的に認められているフレームワーク(WBCSD主催PACT)に基づいて構築された、製品カーボンフットプリントデータエクスチェンジを利用して、貴社の排出量計算をより正確なものにすることができます。特定の製品カテゴリーに関連するスコープ3を算出するために、データが集約されます。

カスタマイズされた

ソリューションビューを得るために、EcoVadisチームメンバーの1人とデモを予約してください。

連絡先マップ(軽量版)

EcoVadisを活用してサプライヤーカーボンアクションを拡大している、260社以上のクライアントの一員になりましょう

46000 +
評価済みのサプライヤー
12000 +
2回以上
評価済みのサプライヤー
58000 +
カーボンスコアカード
33 %
再評価の際に
改善されたパフォーマンス

カーボンアクションに関する報告 – サプライチェーンのエンゲージメント状況

その他の関連コンテンツ

記事を読む
スコープ3の脱炭素化の取り組みが加速。最新の戦略および主要データをご確認ください。
表示する
新機能:バロメーター2024:調達を戦略的サステナビリティ&レジリエンスパートナーに変革する
表示する