CS3DとCSRDに対応するためのEcoVadisソリューション | EcoVadis Skip to content

CS3DとCSRD

バリューチェーンのデューデリジェンスと透明性- 新規制対応のソリューション

Main content

企業サステナビリティデューデリジェンス指令(CS3D)と企業サステナビリティ報告指令(CSRD) の発行により、EU内でのサステナビリティの推進が加速しています。バリューチェーンにおける サステナビリティやその影響について、バイヤー企業はより詳細なデューデリジェンスと情報開示 が求められています。この動きは、企業の活動のあり方を変え、世界中に影響を及ぼすことが予 想されます。

EUが掲げるESGの高い目標

バリューチェーン全体にフォーカス

CS3DとCSRDは、人権と環境のサステナビリティについてバリューチェーン全体で推進すること を目指しています。

裾野にも広がる影響

CS3DとCSRDは、大企業だけでなく、中小企業(500人以上)にも影響を及ぼす規制です。

気候変動問題へのコミット

CS3Dはパリ協定への、CSRDは1.5℃目標へのコミットを実現するための計画開示を求めてい ます。

不活動や不正行為に対する罰則

CS3Dには、義務違反に対する制裁と民事責任が含まれています。

世界の多くの企業に及ぶ影響

5000 +
多くの企業がバリューチェーンに対し
デューデリジェンスを実施
50000 +
多くの企業が人権と環境への
影響について毎年公表

コンプライアンスへの道のり

15年の実績、500人のアナリスト、200万社以上のリスクスクリーニング済み企業、25万以上のビジネスサステナビリティスコアカード。1つに統合されたソリューションです。EcoVadisのSustainability Intelligence Suiteで、CS3DとCSRDコンプライアンスに備えてください:

ステップ1: リスクの特定

サプライチェーンを数日でスキャン

全てのサプライヤーが対象
ステップ2: パフォーマンスの評価と理解

選択したサプライヤーに対して評価を実施

リスク・支出額のレベル・重要度の高いサプライヤーが対象
ステップ3:改善支援

リスク改善の優先順位を示すガイダンスとプラットフォームを提供

改善を必要とする サプライヤーが対象
ステップ4:包括的な報告 

360°ウォッチを活用したシンプルかつ専門性の高い報告

ステップ1:
  • IQ Plus(サプライチェーンリスクのスクリーニング機能)を活用し、サプライヤーに問い合わせす ることなくリスク分析。デューデリジェンスの優先順位を決定します。
  • 各サプライヤーに、基礎的な質問票への回答を促します。その結果から、AIを活用してリスクの プロファイリングを向上させます。
ステップ2:
  • ESGに関してサプライヤーのサステナビリティを検証し、評価を行います。
  • カーボンアクションマネージャーによるサプライチェーンにおける温室効果ガスデータの収集。
ステップ3:
  • サプライヤーにおける是正のアクションプランを作成し、パフォーマンスのギャップを解消します。
  • オンライン講座 EcoVadisアカデミー(9言語・50種類以上)を通じて、ESGに関する知識を増やし ていただけます。
ステップ4:
  • CSRDなどのレポート作成をサポートします。
  • 情報開示に必要な基準をクリアしたダッシュボードレポートがカスタムできます。

EcoVadisのサポートチームにお気軽にご相談ください!

EcoVadisのサステナビリティ評価方法についてさらに知りたい
評価導入にはどのような準備が必要かを知りたい
EcoVadisチームからのサポートについてさらに知りたい・・・

世界のバイヤー企業、1200社以上からの信頼と実績

お役立ち資料

記事を読む
スコープ3の脱炭素化の取り組みが加速。最新の戦略および主要データをご確認ください。
表示する
新機能:バロメーター2024:調達を戦略的サステナビリティ&レジリエンスパートナーに変革する
表示する