リーダーシップチーム、科学委員会、エクイティパートナー | EcoVadis Skip to content

リーダーシップチーム

Main content
ピエールフランソワ・タレール(Pierre-François Thaler)

EcoVadisの共同創業者兼共同CEOのピエール=フランソワは、革新的な資材調達、サステナビリティ、新事業立ち上げに関する20年以上の経験を持っています。カスタマー部門、マーケティング部門、ソリューション部門、インパクト部門を率いており、フレデリックと共に当社の戦略的な開発と持続可能な価値創造への取り組みを指揮しています。2007年のEcoVadisを設立以前は、Aribaの管理サービスのディレクターとして、また、ヨーロッパ建設業界初のB2BマーケットプレイスであるB2BuildのCEOを数年間歴任しました。サントラル・シュペックで電気工学の修士号を、INSEADでMBAを取得しています。

ピエールフランソワ・タレール(Pierre-François Thaler)

Co-Founder and Co-CEO
フレデリック・トリネル(Frédéric Trinel)

EcoVadisの共同創業者兼共同CEOであるフレデリックは、ファイナンスとテクノロジーの分野で20年以上の経験を持つ国際的な起業家です。人事部門、金融部門、評価部門、テクノロジー部門を率いており、ピエール=フランソワと共に当社の戦略的な開発と持続可能な価値創造への取り組みを指揮しています。2007年のEcoVadis立ち上げ以前は、Mr.Ted(現在はCornerstone)で、COOとしてテクノロジーとオペレーションを率いていました。世界貿易、ソフトウェア、人事の分野で他に4つの会社を設立し、現在も事業を展開しています。パリのICADビジネススクールの国際ビジネスの学位を取得しています。

    フレデリック・トリネル(Frédéric Trinel)

    Co-Founder and Co-CEO
    チャオ=メン・ラム

    チャオは、経営幹部として、また戦略的アドバイザーとして、ファイナンスでの20年以上にわたる経験をEcoVadis最高財務責任者として発揮しています。EcoVadisに入社する以前は、ロンドンとニューヨークの投資銀行業に10年以上従事し、株式と負債に関する執行や、M&Aの取引を担当するほか、戦略的な助言を与える立場からリテールおよびコンシューマー部門を指揮していました。パリのオスカロとイザベル・マランでCFOを務め、収益性の高い成長計画を実行し、データ重視型の経営への切り替えを先導しました。パリのHECで財政学の修士号を取得しています。

    チャオ=メン・ラム

    Chief Financial Officer
    エミリー・ラコフスキ(Emily Rakowski)

    エミリーは、ハイテク分野のマーケティングとコンサルティングで培った25年以上の経験を、最高マーケティング責任者として活かしています。彼女はこれまで、SAPやAribaを利用したグローバルマーケティングや需要管理の任務に長年携わっていました。Ellucianや A.T.、Kearney Procurement Solutions、Creative Good、Kearneyにも勤務し、テクノロジー、銀行業、エネルギー分野のクライアントを対象としたマーケティング業務とコンサルティング契約を担当しました。なお、エミリーはケロッグ経営大学院ではMBAを、スタンフォード大学では国際関係学の学士号を取得しています。

    エミリー・ラコフスキ(Emily Rakowski)

    Chief Marketing Officer
    シルヴァン・ギュオトン(Sylvain Guyoton)

    シルヴァンは、20年以上にわたるサステナビリティとESGソリューションの経験に基づき、最高評価責任者として、評価業務および評価手法開発を統括しています。EcoVadis創業時から在籍し、2007年から2021年まで研究部門のVPを務めています。それ以前は、Moody’sに買収されて以来、大手ESG評価・研究機関であるVigeo Erisで研究・評価業務の責任者を務めていました。クランフィールド大学で産業経営学の修士号を、INSEADでMBAを取得しています。

    シルヴァン・ギュオトン(Sylvain Guyoton)

    Chief Rating Officer
    ローリアンヌ・ル・シャロニー

    最高人材活用責任者であるローリアンヌは、人事、組織改革、人事部のデジタル化に15年以上にわたって携わってきました。EcoVadisに入社する以前は、ソフトウェア業界に10年間従事し、Atosでは南米地域担当の人事部長として、Linedataでは最高人材活用責任者として、BullではグローバルC&B、HRISおよび開発ディレクターとして地域的、国際的な人事機能をリードしてきました。ローリアンヌはパリ第5大学で人事修士号、ESSCAビジネススクールで経営学修士号を取得しています。

    ローリアンヌ・ル・シャロニー

    Chief People Officer
    オルレイン・マリン

    オルレインは、戦略、ファイナンス、経営の分野で20年以上の経験を持ち、最高企業開発責任者、またチーフ・オブ・スタッフを務めています。長期経営計画、M&A、ガバナンス、トランスフォーメーション、およびグローバルプロジェクトマネジメントを通じ、グループのビジョンと戦略の開発と実行においてリーダーシップチームを支えています。以前は、Europe Snacksの最高戦略責任者、Global PMI Partnersのパートナー、Avnet Technology Solutionsのファイナンスディレクターなどを歴任しました。SKEMAビジネススクールで経営学の修士号を取得しています。

      オルレイン・マリン

      Chief of Staff
      ヴァレリー・トゥーション(Valerie Touchon)

      ヴァレリーは、最高インパクト責任者として、当社の活動のプラスのインパクトを測定し、目的と価値観との整合性を図る取り組みを監督しています。2007年にEcoVadisに入社して以来、セールスディレクターからカスタマーサクセスのVPまで歴任し、500社以上のクライアントと80名のクライエント・サクセス・マネージャーの責任者を務めました。それ以前は、10年以上にわたり、アメリカやヨーロッパでテクノロジーとエグゼクティブサーチの分野での開発および経営に関する職務経験があります。トゥールーズ・ビジネススクールで経営学の修士号を取得しています。

      ヴァレリー・トゥーション(Valerie Touchon)

      Chief Impact Officer
      フランク・ソートベア

      最高テクノロジー責任者であるフランクは、25年以上にわたりテクノロジーの分野でインターナショナルに働いてきました。Adobeでは、20年近く様々なリーダー的役割を担い、そのうち7年は、ソフトウェアエンジニアリングのシニアディレクターを務めました。Adobe Creative CloudおよびDocument Cloudプラットフォーム向けの世界クラスの高度にスケーラブルな基盤である、Adobe Content Platformの重要な部分を開発および管理しました。ハンブルク応用科学大学のテクニカルコンピュータサイエンス学科で工学の学位を取得しています。

      フランク・ソートベア

      Chief Technology Officer
      マドゥール・アガウォル

      最高ソリューション責任者であるマドゥールは、当社のポートフォリオ戦略、EcoVadis Sustainability Suiteの製品管理、CarbonやIQ Plusなどの新しいソリューションの立ち上げを推進しています。EcoVadisに入社する以前は、20年以上にわたり、ヨーロッパと北米のグローバル企業向けのソリューションの構築とスケーリングに携わってきました。SAPでは、SAPデジタルコマースのゼネラルマネージャーを務め、市場を120か国以上に拡大させました。また以前は、Pluralsightで製品およびユーザーエクスペリエンスのSVPを務め、Pearsonのデジタルビジネスを率いていました。ペンシルベニア大学ウォートン校でMBAを取得しています。

        マドゥール・アガウォル

        Chief Solutions Officer
        リチャード・エイラム

        最高カスタマー責任者であるリチャードは、ソリューションおよびマーケティングチームと協力して最適化された顧客ライフサイクルを推進し、カスタマーサクセスと評価対象企業エンゲージメントを確実にする責任を担っています。EcoVadisに入社する以前は、Fleet Completでグローバル最高収益責任者を務め、Salesforce Canadaのカントリーマネージャーとして働いた10年ほどの間に、組織を新興企業から1400人以上の社員を有する、5億ドル規模のビジネスに成長させるのに貢献しました。トロント大学で商学士を取得しています。

          リチャード・エイラム

          Chief Customer Officer
          ピエールフランソワ・タレール(Pierre-François Thaler)

          EcoVadisの共同創業者兼共同CEOのピエール=フランソワは、革新的な資材調達、サステナビリティ、新事業立ち上げに関する20年以上の経験を持っています。カスタマー部門、マーケティング部門、ソリューション部門、インパクト部門を率いており、フレデリックと共に当社の戦略的な開発と持続可能な価値創造への取り組みを指揮しています。2007年のEcoVadisを設立以前は、Aribaの管理サービスのディレクターとして、また、ヨーロッパ建設業界初のB2BマーケットプレイスであるB2BuildのCEOを数年間歴任しました。サントラル・シュペックで電気工学の修士号を、INSEADでMBAを取得しています。

          ピエールフランソワ・タレール(Pierre-François Thaler)

          Co-Founder and Co-CEO
          フレデリック・トリネル(Frédéric Trinel)

          EcoVadisの共同創業者兼共同CEOであるフレデリックは、ファイナンスとテクノロジーの分野で20年以上の経験を持つ国際的な起業家です。人事部門、金融部門、評価部門、テクノロジー部門を率いており、ピエール=フランソワと共に当社の戦略的な開発と持続可能な価値創造への取り組みを指揮しています。2007年のEcoVadis立ち上げ以前は、Mr.Ted(現在はCornerstone)で、COOとしてテクノロジーとオペレーションを率いていました。世界貿易、ソフトウェア、人事の分野で他に4つの会社を設立し、現在も事業を展開しています。パリのICADビジネススクールの国際ビジネスの学位を取得しています。

            フレデリック・トリネル(Frédéric Trinel)

            Co-Founder and Co-CEO
            アーロン・デュピュイ(Aaron Dupuis)

            パートナーのアーロン・デュピュイ(Aaron Dupuis)氏は2014年にCVCに入社し、CVC Growth Partnersのチームメンバーとしてニューヨークに拠点を置いています。
            CVCの前は、Serent Capitalのプリンシパルとして、ビジネスおよびテクノロジー関連のサービスを指揮していました。
            ウィリアムズ大学で優秀な成績を収め学士を、またスタンフォード大学経営大学院でArjay Miller ScholarとしてMBAを取得しました。

              アーロン・デュピュイ(Aaron Dupuis)

              Partner, CVC
              Sebastian R. Kuenne

              マネージングディレクターのセバスチャン・R・クエンヌ氏は2011年にCVCに入社し、現在はロンドンに拠点を置くCVC Growth Partnersのチームメンバーです。
              CVCに入社する前は、複数の取締役会で役員を勤めながら、未公開株のアドバイスと管理に携わっていました。
              セバスチャンはグラスゴー大学でビジネス、財務、経済学の栄誉修士号を主席で取得し、ボストン大学で財務と会計の両方を専攻して、学士号を取得しました。

                Sebastian R. Kuenne

                Senior Managing Director, CVC Capital Partners
                ローラ・ビショップ

                経営幹部リーダーを務めるローラですが、前職では主任環境監視官として、フォーチュン100 企業を率いて成長戦略とESGケイパビリティを実行に移し、大きなビジネスの経営改革を図っていました。ローラの管理職での幅広い経験や官民両部門から得た洞察は、収益性向上を促すとともに自社の目的をサポートするチャンスとリスクを把握する上で持つ、独自の大局観を形作るのに役立ちました。ローラは4億ドルの年次損益計算書(P&L)を管理するとともに、最大1,000人の従業員から成るチームを監督してきました。中国、メキシコ、カナダのグローバル部門を育て率い、Best Buy(ベストバイ)では数多くの部門の立ち上げ、飛躍的発展への貢献者でもありました。

                  ローラ・ビショップ

                  CEO, Purpose Strategies
                  アネット・トーマス

                  アネット・トーマスは、グロースエクイティ企業General Atlanticのシニアアドバイザーを務めるとともに、世界的な教育サービス企業であるPearson PLC(ピアソン)の非業務執行取締役も兼任しています。世界中で一流の学術出版、メディア、データアナリティクスの企業を監督してきました。科学者として研鑽を積んできたトーマス氏は、ハーバード大学の学士を取得し、エール大学で細胞生物学と神経科学の博士号を取得しています。

                    アネット・トーマス

                    Annette Thomas
                    Senior Advisor, General Atlantic
                    - Beyond Net Zero -
                    ブノワ・フィショール

                    ブノワは2012年にAstorgに入社した、投資チームのメンバーです。入社に先立ち、ブノワはオフショア会計サービスを提供するスタートアップ企業、Comptabisを設立し、2012年に同社を売却しています。以前、Cinvenで5年間勤務していた時には、プリンシパルとしてSebiaへの投資担当者を務めていました。コンサルタントとしてのキャリアをスタートさせたパリとサンフランシスコのBain & Cieでは、プライベートエクイティファンドの戦略的デューデリジェンスに注力するチームでの長期任務を含め、3年間を勤め上げました。ブノワはHECを卒業しています。

                      ブノワ・フィショール

                      Partner, Astorg
                      アンドリュー・ウィンストン(Andrew Winston)

                      Winston Eco-Strategiesの創立者および著名な作家のアンドリュー・ウィンストン(Andrew Winston)氏は、企業が人類最大の難題にいかに対処し、そこから利益をあげていくにはどうすればいいか、に関する専門家として世界的に認められている人物です。
                      彼の戦略眼は、HP、J&J、キンバリークラーク、ペプシコ、PwC、ユニリーバを初めとする世界の名だたる企業の多くから引く手あまたです。ウィンストン氏の最新著作『The Big Pivot』は、Strategy+Business Magazineが選ぶ「ベストビジネス書」に選出され、
                      氏はイェール大学で経済学の学士号および環境管理学の修士号を取得し、コロンビア大学でMBAを取得しています。

                      アンドリュー・ウィンストン(Andrew Winston)

                      Author, Advisor & Speaker
                      パトリック・ドゥミエール(Patrick d’Humieres)

                      l’Académie Durable Internationaleの現ディレクターであり、持続可能な開発マネージメントのスペシャリストであるパトリック・デュミエール(Patrick d'Humières)氏は、グローバル・コンパクト、IIRC、ISO26000などを皮切りに、大規模な国家的・国際的イニシアチブにかかわってきました。
                      パリ政治学院を卒業したデュミエール氏は「Master Class 21」のディレクターであり、パリ政治学院やHEC経営大学院で教鞭を取っています。また、経営者教育機関の「Campus Durable de Casablanca」や管理職コミュニティ「MR21」を率いています。

                      パトリック・ドゥミエール(Patrick d’Humieres)

                      Director of the l’Académie Durable Internationale
                      ブリジット・モンスー・タンタウィ(Brigitte Monsou Tantawy)


                      Oxfamの副社長として国際関係を担当するととともに、ユニセフのパリ代表でもあります。 以前は、ダノンとナビスコでのキャリアを経て、持続可能な開発のための世界経済人会議 (WBCSD) のディレクター、またユニリーバで業務効率担当の副社長を務めていました。
                      EFQMの主任評価者、EFQM執行委員会の議長なども歴任。氏はパリ南大学で生化学の博士号を取得しています。

                        ブリジット・モンスー・タンタウィ(Brigitte Monsou Tantawy)

                        Vice President of Oxfam
                        ウヴェ・シュルテ(Uwe Schulte)

                        Prosolvo GmbHのCEOでありグローバル・サステナビリティ・センターの責任者であるウヴェ・シュルテ氏は、そのキャリアの大半をユニリーバで過ごし、商品開発から製造管理、サプライチェーン担当ジェネラルマネージャーからグローバル・サプライ・マネージメント担当バイスプレジデントまで、様々な職務をこなしました。

                        ウヴェ・シュルテ(Uwe Schulte)

                        Global Sustainability Centre Leader, The Conference Board
                        ジョン・エルキントン(John Elkington)

                        ジョン・エルキントン(John Elkington)氏はリーダーたちに緩やかな変化を超えて、体系的に課題に取り組むことを奨励するVolans Venturesの共同創業者であり、エグゼクティブ・チェアマンです。
                        国連グローバル・コンパクト(UNGC)と共同で、飛躍的なサステナビリティ(exponential sustainability)の市場機会に焦点を当てた2年間のプログラム「Project Breakthrough」を主導。SustainAbilityの名誉会長ほか、約30の理事会や諮問委員会の役員を務めています。
                        氏はユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで都市計画の修士号を取得しています。

                        ジョン・エルキントン(John Elkington)

                        Founding Partner & Director Volans Ventures
                        イヴォン・ツヴィク

                        神学者であり、ドイツ連邦環境経営ワーキンググループ(B.A.U.M. e.V.)の会長であるイヴォン・ツヴィク氏は、ドイツ連邦政府の諮問機関である持続可能な開発のためのドイツ評議会で16年間、さまざまな役職を歴任してきました。欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)の専門家ワーキンググループで中小企業のための欧州持続可能性報告基準に貢献し、ドイツ連邦政府の関連ステークホルダーグループにB.A.U.M.を代表し、さまざまな職務権限を持ち、マンハイム・ビジネススクールの非常勤講師を勤めています。

                          イヴォン・ツヴィク

                          Theologian and Chairwoman of B.A.U.M. e.V.
                          アタレイ・アタス

                          INSEADのテクノロジー&オペレーションズマネジメントの教授で環境サステナビリティのビアンカ&ジェームズ・ピット・チェアを務めるアタレイ・アタス氏は、持続可能なビジネスモデル、循環型経済、再生可能エネルギーについて研究しています。氏はハーバード・ビジネスレビューをはじめとするトップレベルの学術誌や実業界向け出版物に広く発表を行ってきました。彼の研究はしばしば学界および実業界で、研究賞を受賞しています。氏は今なお学界でリーダーおよび編集者としての役割を果たし、産業団体との連携で新たな知識の創生と普及に取り組んでいます。

                            アタレイ・アタス

                            Professor, INSEAD
                            アレクサンダー・ニック

                            アレクサンダー・ニック氏は持続可能な開発のための世界経済人会議(WBCSD)の気候変動対策ディレクターを勤めています。彼は20年間にわたり様々な国や産業で企業のサステナビリティに取り組んできました。WBCSDに参加する以前はBMWグループで、気候戦略およびESG基準の責任者を勤めました。ロンドンの世界的戦略コンサルタント会社およびシンクタンクであるサステインアビリティのディレクター、およびIMDローザンヌの研究アソシエイトとしての経歴もあります。氏は経営学と電気工学を専攻し、戦略的経営で博士号を取得しました。ローマクラブのドイツ協会やBMW財団の責任あるリーダーのネットワークなど、様々なサステナビリティ組織のメンバーです。

                              アレクサンダー・ニック

                              Director Climate Action, WBCSD

                              CVC Capital Partners

                              CVCは、プライベート・エクイティを扱う世界有数の投資顧問会社です。1981年に設立後、CVCはヨーロッパ、アジア、アメリカに24拠点を構え、従業員は550人を超えます。

                              プライベート・エクイティおよびクレジット戦略を通じて、世界の主要な機関投資家から取り付けたこれまでの出資額は1340億ドルを上回ります。

                              現在、CVCが運用する資産は合計で約820億ドル。ファンドは世界の83社に投資され、各国で35万人もの雇用を生み出しています。

                              これらの企業の年商を合わせると、約770億ドルに。CVCの詳細については以下のサイトをご覧ください。 www.cvc.com

                              CVC Growth Partnersとは

                              2020年、CVC Growth PartnersはEcoVadisに2億ユーロを投資しました。

                              2014年に立ち上げられたCVC Growth Partnersは、CVC Capital Partnersの技術投資部門です。成長率の高い中堅企業に重点を置き、主に対象とするのは北米とヨーロッパにおける5000万ドルから2億5000万ドルまでの投資。2つの専用ファンドを通じて25億ドル以上の資産を運用しています。CVC Growth Partnersの詳細については、以下のサイトをご覧ください。 www.cvc.com/growth

                              Partech Ventures

                              General Atlantic、 BeyondNetZero

                              General Atlanticは、設立以来40年以上にわたり、445社以上の成長企業に資金および戦略的サポートを提供してきた大手グローバルグロースエクイティ企業です。1980年に先見の明ある起業家たちとの協力により創設され、影響力を維持してきた同社は、世界が共同で行う取り組み、分野別の専門知識、長期投資ホライズン、成長要因への深い知識を兼ね備え、優れた起業家とパートナー関係を結んでチームを管理し、世界中で革新的事業を拡大しています。General Atlantic社は2021年12月31日現在、全製品を含めた運用資産額として840億ドル以上を所有、ニューヨーク、アムステルダム、北京、香港、ジャカルタ、ロンドン、メキシコシティ、ムンバイ、ミュンヘン、パロアルト、サンパウロ、上海、シンガポール、スタンフォードを拠点とする215人以上の投資専門家を抱えています。General Atlantic社に関する詳細情報は、www.generalatlantic.comにアクセスしてご覧ください。

                               

                              BeyondNetZeroは、大手グローバルグロースエクイティ企業General Atlanticの気候変動関連の投資ベンチャー企業です。BeyondNetZero社は、脱炭素化、エネルギー効率、資源保全、排出量管理に重点を置き、ネットゼロ排出量の目標を達成かつ上回る可能性がある、革新的な気候変動対応型ソリューションを提供する成長企業への投資を行います。このベンチャー企業は、General Atlantic社のグロースエクイティの経験、気候変動関連の投資家、アドバイザー、気候変動を中心とした問題への対処と先駆的な成長企業構築の双方に、数十年の経験を生かせる業界の幹部役員から成るチームとのグローバルネットワークを兼ね備えています。BeyondNetZero社に関する詳細情報は、https://beyond-net-zero.comにアクセスしてご覧ください。

                               

                              General Atlantic社は、2022年にEcoVadisに対しシリーズCで5億ドルの資金調達を行いました

                              Partech Ventures

                              Astorg

                              Astorgは、170億ユーロを超える運用資産を所有する、ヨーロッパのプライベートエクイティ企業です。Astorg社は、起業家およびマネジメントチームとの連携により、ヨーロッパや米国に本部を置く市場をけん引するグローバル企業を買収し、これら各社に対して戦略的ガイダンス、成長プランの実現に必要なガバナンスおよび資本を提供しています。他と一線を画す起業文化、長期的な株主の観点と効率的な意思決定機関の恩恵に与るAstorg社には、ヘルスケア、ソフトウェア、テクノロジー、ビジネスのサービス、およびテクノロジーを基盤とする業界の各社における、有益な業界の専門知識が備わっています。Astorg社のオフィスは、ロンドン、パリ、ニューヨーク、フランクフルト、ミラノ、ルクセンブルクにあります。

                               

                              General Atlantic社は、2022年にEcoVadisに対しシリーズCで5億ドルの共同投資を行いました

                              スコープ3の脱炭素化の取り組みが加速。最新の戦略および主要データをご確認ください。
                              表示する
                              新機能:バロメーター2024:調達を戦略的サステナビリティ&レジリエンスパートナーに変革する
                              表示する