2020年サステナビリティリスクとパフォーマンスの指標が発表されました
今すぐ見る
COVID-19持続可能な調達リソースセンターを見る
もっと見る

リーダーシップチーム

ピエール=フランソワ・タラー(Pierre-François Thaler)

ピエール=フランソワ(Pierre-François)はEcoVadisの共同創業者兼共同CEOとしての現在の役割に、資材調達において20年を超える経験を活かします。
EcoVadis創業前は、ヨーロッパの建設業界初のB2BマーケットプレイスであるB2Build SAのCEOでした。 彼はまた、Ariba Procurement BPOビジネスのディレクターとして数年間務めました。
電気技術者であるピエール=フランソワは、Supélecで修士号を、INSEADでMBAを取得しています。

ピエール=フランソワ・タラー(Pierre-François Thaler)

共同創業者兼共同CEO
フレデリック・トリネル(Frédéric Trinel)

EcoVadisの共同創業者兼共同CEOのフレデリック(Frédéric)は国際的な企業家であり、4つの会社を設立。世界貿易、ソフトウェア、人事の分野で今も事業を展開しています。
フレデリックの最後のベンチャーであるMr.Ted Ltd.では、COOとして技術とオペレーションを担当していました。

フレデリックはパリのICADビジネススクールで国際ビジネスの学位を取得しています。

フレデリック・トリネル(Frédéric Trinel)

共同創業者兼共同CEO
チャオ・ラム(Chao Lam)

企業の経営幹部であり戦略的アドバイザーでもあるチャオ(Chao)は、ファイナンスでの15年以上にわたる経験をEcoVadis最高財務責任者としての役割で発揮しています。
彼はこれまで、ロンドンとニューヨークの投資銀行業に10年以上従事し、株式と負債に関する執行や、M&Aの取引を担当するほか、戦略的な助言を与える立場からリテールおよびコンシューマー部門を指揮していました。 その後、パリのオスカロとイザベル・マランでCEOを務め、有益な成長プランや、データ重視型の経営への切り替えを先導しました。
なお、チャオはHEC経営大学院で財政学の修士号を修めています。

チャオ・ラム(Chao Lam)

最高財務責任者
エミリー・ラコフスキ(Emily Rakowski)

エミリー(Emily)は、ハイテク分野のマーケティングとコンサルティングで培った25年以上の経験を、EcoVadisの最高マーケティング責任者の役割で活かしています。
彼女はこれまで、SAPやAribaを利用したグローバルマーケティングや需要管理の任務に長年携わっていました。 また、Ellucian、A.T. Kearney Procurement Solutions、Creative Good、およびA.T. Kearneyと協力して、テクノロジー、銀行、およびエネルギー分野のクライアントのマーケティング機能とコンサルティング契約を管理しています。
なお、エミリーはケロッグ経営大学院ではMBAを、スタンフォード大学では国際関係学の学士号を取得しています。

エミリー・ラコフスキ(Emily Rakowski)

最高マーケティング責任者
シルヴァン・ギュオトン(Sylvain Guyoton)

シルヴァン・ギュオトン(Sylvain Guyoton)はEcoVadis創業以来、研究部門のシニア・バイスプレジデントであり、評価業務および評価手法開発を統括しています。
彼はほぼ20年にわたるサステナビリティおよびCSRの経験をチームにもたらします。
クランフィールド大学で産業経営学の修士号を、INSEADでMBAを取得しています。

シルヴァン・ギュオトン(Sylvain Guyoton)

上席副社長
研究
ウィム・ピーターズ(Wim Peeters)

ウィムは、Air ProductsやOracleなどの大規模な多国籍企業で、20年以上にわたって財務や国際的な事業開発に携わってきた経験を持っています。 ベネルクス諸国、フランス、スペインでのAribaの立ち上げを支援し、その後、北欧、EEMEA、アジア太平洋地域の地域ディレクターを務めました。 HU Brusselsで国際政治経済学の修士号を、Catholic University of LeuvenでMBAを取得しています。

ウィム・ピーターズ(Wim Peeters)

副社長
事業開発
ヴァレリー・トゥーション(Valerie Touchon)

ヴァレリー(Valerie)はEcoVadisのカスタマーサクセス部門のVPとしての役割に、複数の業界での営業開発と経営における20年以上の国際経験を活かします。
職歴はIT業界での経験を含み、具体的には装備、サービス、融資、コンサルティング、管理職リクルート、そして近年は持続可能な開発を担いました。
Toulouse Business Schoolで経営学の修士号を取得。

ヴァレリー・トゥーション(Valerie Touchon)

カスタマーサクセス部門 副社長
リチャード・ボーン(Richard Bourne)

リチャード(Richard)はEcoVadis創業当時からの社員で、会社と共に成長してきました。現在はエンゲージメントサービス・ディレクターを務めています。 評価を受ける企業に対して、EcoVadisの広範なオンボーディングおよびサポート機能を構築してきました。
職歴には英国のMorgan HuntおよびBarclays Franceにおける営業およびビジネス管理の役割が含まれます。
バース大学で国際マネジメントの学士号を取得しています。

リチャード・ボーン(Richard Bourne)

エンゲージメントサービス・ディレクター
サミール・バハドール(Sameer Bahadoor)

サミール(Sameer)は過去10年間、シニアプロダクションマネージャーおよびCSRアナリストとして、モーリシャスにおけるEcoVadisの多くの業務活動を主導してきました。
EcoVadis入社以前は、トムソン・ロイターで品質責任者兼チームリーダーを数年にわたって務めました。
フランスのストラスブールに拠点を置くPôle Européen de Gestion et d’Economieで経営管理学の修士号を取得しています。

サミール・バハドール(Sameer Bahadoor)

プロダクトマネージャー兼CSR上級アナリスト
ピエール=フランソワ・タラー(Pierre-François Thaler)

ピエール=フランソワ(Pierre-François)はEcoVadisの共同創業者兼共同CEOとしての現在の役割に、資材調達において20年を超える経験を活かします。
EcoVadis創業前は、ヨーロッパの建設業界初のB2BマーケットプレイスであるB2Build SAのCEOでした。 彼はまた、Ariba Procurement BPOビジネスのディレクターとして数年間務めました。
電気技術者であるピエール=フランソワは、Supélecで修士号を、INSEADでMBAを取得しています。

ピエール=フランソワ・タラー(Pierre-François Thaler)

共同創業者兼共同CEO
フレデリック・トリネル(Frédéric Trinel)

EcoVadisの共同創業者兼共同CEOのフレデリック(Frédéric)は国際的な企業家であり、4つの会社を設立。世界貿易、ソフトウェア、人事の分野で今も事業を展開しています。
フレデリックの最後のベンチャーであるMr.Ted Ltd.では、COOとして技術とオペレーションを担当していました。

フレデリックはパリのICADビジネススクールで国際ビジネスの学位を取得しています。

フレデリック・トリネル(Frédéric Trinel)

共同創業者兼共同CEO
オムリ・ベナユン(Omri Benayoun)

オムリ(Omri)氏はPartech Venturesのジェネラルパートナーになる前、Casinoグループで複数の上級管理職のポストを務めました。 2010年に経営計画・戦略のエグゼクティブ・バイスプレジデントとして経営委員会のメンバーに。2012年には、Eコマースの分野でヨーロッパ3位、フランス1位のCdiscount.comに副CEOとして就任します。
また、ダッソー・システムズにも勤務し、2007年から2010年にかけて製品ライフサイクル管理ソフトウェアの世界的リーダーである同社の企業開発部門を指揮しました。
École Polytechniqueで優秀な成績を収め、修士号を取得。「鉱山技師団(Corps des Mines)」と呼ばれるエリートのひとりです。

オムリ・ベナユン(Omri Benayoun)

Partech Ventures ジェネラルパートナー
アーロン・デュピュイ(Aaron Dupuis)

パートナーのアーロン・デュピュイ(Aaron Dupuis)氏は2014年にCVCに入社し、CVC Growth Partnersのチームメンバーとしてニューヨークに拠点を置いています。
CVCの前は、Serent Capitalのプリンシパルとして、ビジネスおよびテクノロジー関連のサービスを指揮していました。
ウィリアムズ大学で優秀な成績を収め学士を、またスタンフォード大学経営大学院でArjay Miller ScholarとしてMBAを取得しました。

アーロン・デュピュイ(Aaron Dupuis)

CVC パートナー
ジョン・クラーク

CVC Growth Partners投資アドバイザリーのマネージングパートナー兼CEOのジョン・クラーク(John Clark)氏は、2014年にCVCに入社し、ニューヨークを拠点としています。 CVCに入社以前はWelsh, Carson, Anderson & Stoweで情報&ビジネスサービスグループのジェネラルパートナーおよび、経営委員会のメンバーとして務めました。
プリンストン大学のコンピュータサイエンス学部でABの学位およびスタンフォード大学経営大学院でMBAの学位を取得しています。

ジョン・クラーク

CVCグロースパートナーズ マネージングパートナー兼CEO
ジャクリーヌ・アロワジ・ド・ラルデレル(Jacqueline Aloisi de Larderel)

グローバル・レポーティング・イニシアチブ(GRI)の役員兼共同創立者のドゥ・ラルデレル(de Larderel)氏は、30年にわたり政府や国際機関で環境を促進してきました。
それより以前は国連環境計画の技術・産業・経済局で事務局長補佐兼ディレクターとして、持続可能な消費・生産プログラムに携わりました。
さらにはフランス環境省の要職も歴任しています。 化学と薬理学の学位に加えて、INSEADでMBAを取得。

ジャクリーヌ・アロワジ・ド・ラルデレル(Jacqueline Aloisi de Larderel)

グローバル・レポーティング・イニシアチブ 理事
パトリック・ドゥミエール(Patrick d’Humieres)

l’Académie Durable Internationaleの現ディレクターであり、持続可能な開発マネージメントのスペシャリストであるパトリック・デュミエール(Patrick d'Humières)氏は、グローバル・コンパクト、IIRC、ISO26000などを皮切りに、大規模な国家的・国際的イニシアチブにかかわってきました。
パリ政治学院を卒業したデュミエール氏は「Master Class 21」のディレクターであり、パリ政治学院やHEC経営大学院で教鞭を取っています。また、経営者教育機関の「Campus Durable de Casablanca」や管理職コミュニティ「MR21」を率いています。

パトリック・ドゥミエール(Patrick d’Humieres)

Académie Durable Internationale ディレクター
ルーク・ヴァン・ワッセンホフ(Luk Van Wassenhove)

ヘンリー・フォード名誉製造学教授長兼INSEADソーシャル・イノベーション・センターの学術ディレクター、ルック・ヴァンワッセンホフ(Luk Van Wassenhove)氏は、比のない組み合わせのCSRおよびサプライチェーンの専門知見を有します。
オペレーショナル・エクセレンス、サプライチェーン管理、品質、継続的改善と学習などについて研究してきました。 近年は、クローズドループ・サプライチェーン(製品の回収や廃棄問題)と災害管理(人道支援物流)に焦点を当てています。
ルックはベルギーのルーヴェン・カトリック大学を卒業しています。

ルーク・ヴァン・ワッセンホフ(Luk Van Wassenhove)

INSEAD Social Innovation Centre 所長
ロージー・ハースト(Rosey Hurst)

Impactt Ltd.の創業者兼ディレクターのハースト(Hurst)氏は、国際的なサプライチェーンのパフォーマンスを改善するというミッションを掲げ、1997年に組織を設立しました。 サプライチェーンで働く人々にプラスの影響をもたらすため、開発途上国や企業、NGOでの経験をいかし、さまざまなツール、ソリューション、サービスを生み出してきました。
また、ハースト氏はSedexとLocal Resources Networkを設立し、中国では一般参加型の手法を先駆的に導入してこれを標準化させ、インド、バングラデシュ、ミャンマーではBenefits for Business and Workers Programmeを考案・展開し、倫理的取引に様々なイノベーションをもたらしてきました。
ハースト氏はケンブリッジ大学で古典の学士号を、そしてロンドン大学で開発学の修士号を取得しています。

ロージー・ハースト(Rosey Hurst)

Impactt Limited 創業者兼ディレクター
ファリド・ヤケル(Farid Yaker)

ファリド・ヤケル(Farid Yaker)氏は国際連合のプログラム・オフィサーとして、2008年からパリにある国連環境計画の経済部門で持続可能な公共の資材調達の責任者を務めています。 彼はまた、10YFP公共調達プログラムのコーディネーターも務め、16ヵ国における持続可能な公共調達の導入を支援する2件の大型プロジェクトの実行を監督しています。
また、ヤケル氏はアルジェリアのブリダ大学で1988年から1990年まで農業経済学の教鞭を取り、1992年に開催されたリオ・サミットに出席後は、環境と開発に携わる国際的なNGOのENDA(Environment and Development Action)の一員となっています。
なお、ヤケル氏はカリフォルニア大学で農業経済学の理学修士号を取得しています。

ファリド・ヤケル(Farid Yaker)

国連 プログラムオフィサー
ブリジット・モンスー・タンタウィ(Brigitte Monsou Tantawy)

モンスー・タンタウィー博士は、Oxfamの副社長として国際関係を担当するととともに、ユニセフのパリ代表でもあります。
以前は、ダノンとナビスコでのキャリアを経て、持続可能な開発のための世界経済人会議 (WBCSD) のディレクター、またユニリーバで業務効率担当の副社長を務めていました。 EFQMの主任評価者、EFQM執行委員会の議長なども歴任。
氏はパリ南大学で生化学の博士号を取得しています。

ブリジット・モンスー・タンタウィ(Brigitte Monsou Tantawy)

Oxfam 副社長
アンドリュー・ウィンストン(Andrew Winston)

Winston Eco-Strategiesの創立者および著名な作家のアンドリュー・ウィンストン(Andrew Winston)氏は、企業が人類最大の難題にいかに対処し、そこから利益をあげていくにはどうすればいいか、に関する専門家として世界的に認められている人物です。
彼の戦略眼は、HP、J&J、キンバリークラーク、ペプシコ、PwC、ユニリーバを初めとする世界の名だたる企業の多くから引く手あまたです。 ウィンストン氏の最新著作『The Big Pivot』は、Strategy+Business Magazineが選ぶ「ベストビジネス書」に選出され、
氏はイェール大学で経済学の学士号および環境管理学の修士号を取得し、コロンビア大学でMBAを取得しています。

アンドリュー・ウィンストン(Andrew Winston)

作家・アドバイザー・講演者
ウヴェ・シュルテ(Uwe Schulte)

Prosolvo GmbHのCEOでありグローバル・サステナビリティ・センターの責任者であるウヴェ・シュルテ氏は、そのキャリアの大半をユニリーバで過ごし、商品開発から製造管理、サプライチェーン担当ジェネラルマネージャーからグローバル・サプライ・マネージメント担当バイスプレジデントまで、様々な職務をこなしました。
彼は1500人もの従業員を率いて、統一のグローバル調達機能を導入。 ユニリーバ時代にはドイツ、英国、ブラジル、スイスに赴任しました。 2年間にわたり、彼は、INSEADソーシャル・イノベーション・センターのエグゼクティブディレクターを務めていました。
マールブルクのフィリップ大学で化学の博士号を取得しています。

ウヴェ・シュルテ(Uwe Schulte)

The Conference Board、Global Sustainability Centre リーダー
ジョン・エルキントン(John Elkington)

ジョン・エルキントン(John Elkington)氏はリーダーたちに緩やかな変化を超えて、体系的に課題に取り組むことを奨励するVolans Venturesの共同創業者であり、エグゼクティブ・チェアマンです。
国連グローバル・コンパクト(UNGC)と共同で、飛躍的な持続可能性(exponential sustainability)の市場機会に焦点を当てた2年間のプログラム「Project Breakthrough」を主導。 SustainAbilityの名誉会長ほか、約30の理事会や諮問委員会の役員を務めています。
氏はユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで都市計画の修士号を取得しています。

ジョン・エルキントン(John Elkington)

Volans Ventures 創業パートナー兼ディレクター

CVC Capital Partners

CVCは、プライベート・エクイティを扱う世界有数の投資顧問会社です。 1981年に設立。今やヨーロッパ、アジア、アメリカに、24のオフィスと550人以上の従業員をようするまでに。

これまでに CVC は、プライベート・エクイティおよびクレジット戦略において、世界有数の機関投資家から 1,340 億米ドル以上のコミットメントを確保しています。

現在、CVCが運用する資産は合計で約820億ドル。 ファンドは世界の83社に投資され、各国で35万人もの雇用者を生み出しています。

これらの企業を合わせた年間売上高は約770億米ドルに達しています。CVC の詳細については、www.cvc.com をご覧ください。

CVC Growth Partnersとは

2020年、CVC Growth PartnersはEcoVadisに2億ユーロを投資しました。

2014年に設立されたCVC Growth Partnersは、CVCキャピタルパートナーズの成長志向のミドルマーケット・テクノロジー投資部門です。CVC Growth Partnersは、主に北米と欧州で5,000万ドルから2億5,000万ドルの株式投資を対象としており、2つの専用ファンドで25億ドル以上の資産を運用しています。CVC Growth Partners の詳細については、www.cvc.com/growth をご覧ください。

Partech Ventures

Partech Ventures

1982年にシリコンバレーで創業されたパーテック・ベンチャーズは、グローバルな投資会社で、サンフランシスコ、パリ、ベルリンにオフィスを構えています。 パートナーのほとんどは、起業家自身や、ハイテク企業で管理職を務める人々です。 このパートナーシップは、1つのチームが投資を行うという形で機能し、世界の起業家たちが、複数の大陸にまたがる巨大市場へ迅速に対応できるハイテク/デジタル企業を構築できるよう、支援を行っています。

Partechは2016年にEcoVadisに3000万ユーロを投資。2020年のCVCラウンド後も出資比率の一部を維持しています。