Skip to content

サプライチェーンデューデリジェンスと報告に関する規則

持続可能な調達評価
Main content

サステナビリティ規制の法整備を巡る最近の動向について

企業が事業活動においてデューデリジェンスを実施し、結果としてサプライチェーンの透明化を図る必要がある国や法域を取り上げます。

  • カナダ、北米 | 発効:2021年

    カナダ・ネットゼロ排出説明責任法(C-12法)

    C-12法は、カナダのネットゼロへの移行を文書化したものです。この動きは、連邦政府の排出量目標を法律で定めるもので、カナダ企業にも排出量削減目標に対する説明責任を求める先例となります。

  • 見込み
    オーストラリア、APAC

    オーストラリア気候関連財務情報開示(CRFD)

    オーストラリア政府は、気候関連財務情報開示に関する第二回協議文書を公開し、オーストラリアの義務化された気候報告制度に関し提案された設計について説明しました。

  • インド、APAC | 発効:2023年

    インドにおける企業責任とサステナビリティ報告(BRSR)

    インドにおけるESG報告枠組みであるBRSRは、2009年に定められた企業責任報告(BRR)の自発的ガイドラインから大きな進歩を遂げたものです。今日のグローバルレポーティングの場では、サステナビリティの開示を強化し、インド企業の透明性と説明責任を促進するために、より洗練された基準が求められていました。

  • 米国、北米 | 発効:2026

    カリフォルニア州気候関連財務リスク法(SB 261)

    上院法案261は、カリフォルニア州で事業を営む特定の企業に対して、気候変動関連の財務リスクを詳細に開示し、その情報を一般公開することを求めています。

  • 見込み
    米国、北米

    SECの気候リスク開示規則

    証券取引委員会(SEC)のルールが採用された場合、上場企業は気候関連リスク、温室効果ガス排出量、ネットゼロ移行計画に関する開示を改善し、標準化することが求められます。

  • 米国、北米 | 発効:2022年

    ウイグル強制労働防止法 (UFLPA)

    ウイグル関税法は、中国の新疆ウイグル自治区から出荷される、強制労働に関連する物品が米国市場に輸入されるのを防ぐことを目的とした米国の連邦法です。当該地域との関連性が潜在的に指摘される貨物を扱う輸入者は、扱う製品が新疆ウイグル自治区から調達されていないこと、または強制労働によって生産されていないことをはっきりと証明する必要があります。

  • 米国、北米 | 発効:2026

    カリフォルニア企業気候データ説明責任法(SB 253)

    カリフォルニア州上院法案253(企業気候データ説明責任法)は、カリフォルニアで営業する大企業に、温室効果ガス排出量の開示を義務付けています。これは、カリフォルニアの気候データ説明に関する一連の法案の一部であり、気候に関する情報を標準的な方法で開示することを要求する国内初の法案です。

  • EU | 有効:2023年

    炭素国境調整メカニズム(CBAM)

    2023年10月の初めに、炭素国境調整メカニズムの移行段階が開始されました。最終段階の開始は2026年1月ですが、EUの輸入者には、扱う物品に含まれる二酸化炭素排出量を管理し、定期的に報告することがすでに義務付けられています。

  • カナダ、北米 | 発効日:2024年1月

    カナダ現代奴隷法(S-211)

    2024年1月に施行される「サプライチェーンにおける強制労働・児童労働の防止等に関する法律」(別名「S-211法案」)により、一部の事業体には、強制労働や児童労働を防止し、その関与のリスクを軽減するために自社またはそのサプライヤーが実施した措置について報告義務が課せられます。初回の報告書提出期限は、2024年5月末日です。

  • 米国、北米 | 2012年

    カリフォルニア州透明法(CTSCA)

    カリフォルニア州透明法は、特定の規模と範囲を持つ企業に対し、奴隷制や人身売買の慣行を自社と直接取引しているサプライチェーンから根絶するための取り組みを開示することを義務付けています。

  • オーストラリア、APAC | 有効:2018年

    オーストラリア現代奴隷法(英連邦法)

    このオーストラリア連邦の法制度は、特定の大規模な法人に対して、その業務およびサプライチェーンにおける強制労働のリスクに対処するための実施対策に関する年次の公的な報告書を作成する義務を設けています。報告の要件は、オーストラリアの法人およびオーストラリアで事業を行っている外国法人に適用されます。

  • 英国 | 有効:2015年

    英国の現代奴隷法

    この画期的な2015年の法律は、現代奴隷制および人身売買の犯罪を統合し、予防措置、支援体制、および規制機関を導入しました。現行の制度では、商業組織に対して、その価値連鎖のいかなる部分においても強制的または不本意な労働を根絶するための取り組みに関する年次報告書を公表することが求められています。

  • 見込み
    EU | 有効:2026

    EUによる企業サステナビリティデューデリジェンスに関する指令(CSDDD)

    CSDDDは、EU域内企業と非EU企業に対し、サプライチェーン全体を通じてデューデリジェンスを実施し、人権と環境への影響に責任を持つことを義務付けています。CSDDDは2024年に発効し、2026年までに施行される予定です。

  • EU | 有効:2020

    サステイナブル・ファイナンス開示規則(SFDR)

    SFDRでは、ESGパフォーマンスを把握するため、投資ファンドおよびその他の金融市場参加者に報告要件が課されています。包括的で標準化された開示によって、投資家が投資上の選択が環境および社会に及ぼす影響について、十分な情報を得て意思決定を行えるようにする必要があります。

  • EU | 有効:2020

    EUタクソノミー

    タクソノミーとは基本的に、環境面で持続可能と見なすことができる経済活動とはどのようなものかを明確にした分類システムのことです。持続可能な投資を拡大し、グリーンウォッシングを制限するために、EUは、170の活動の科学的根拠に基づくスクリーニングのための明確に定義された基準を備えた評価フレームワークを開発しました。

  • EU | 有効:2023会計年度について2024年から

    企業のサステナビリティレポートに関する指令

    企業のサステナビリティレポートに関する指令(CSRD)は、非財務報告の状況を改善することを目的として、欧州委員会によって開始された重要な規制改革です。本指令は、評価範囲を拡大し、報告義務を強化し、サステナビリティをコーポレートガバナンスに統合することで、既存の非財務報告指令(NFRD)を大幅に拡張します。

  • ドイツ、EU | 有効:2023年

    ドイツのサプライチェーンデューデリジェンス法(LkSG)

    Lieferkettengesetzes(LkSG)は、サプライチェーンにおける人権および環境問題に関するデューデリジェンスを義務付けています。ドイツにおけるこの法律は、バリューチェーンに対する企業の責任を明確にするため、規範的な立法体系に新たに追加されるものです。この法律は、リスクマッピング、評価、および軽減における特定のデューデリジェンス実施対策とパラメータを求めるとともに、サプライヤーに対しても、より高い基準の遵守を求めています。

  • フランス、EU | 有効:2017年

    注意義務法(Devoir de Vigilance)

    注意義務に関するフランスの法律において、対象企業は、子会社、サプライヤー、または委託先による、人権、基本的自由、個人の健康と安全、環境に対する重大な違反を特定および防止するために、年次警戒計画を策定するよう求められています。

  • 見込み
    オランダ、EU | 有効:見込み

    オランダ児童労働デューデリジェンス法

    オランダのこの法律案では、企業に対して、商品やサービスが児童労働を利用して生み出されたかどうかを調査し、そうしたことが起こらないようにする計画を立案することが義務付けられるようになります。また、本法では、児童労働を阻止するために、適切なレベルのサプライチェーン・デューデリジェンスを実施したことを確認する報告義務も企業に課されることになります。

  • ノルウェー | 有効:2022年

    ノルウェー透明性法

    透明性法では、企業がサプライチェーン全体で人権と適切な労働条件をどのように保護しているかに関する情報に誰もが確実にアクセスできるようになっています。現在ノルウェーで事業を展開している大企業には、人権デューデリジェンスを実施してその結果を報告する法的義務があります。

スコープ3の脱炭素化の取り組みが加速。最新の戦略および主要データをご確認ください。
表示する
デューデリジェンス規制の強化に対応する必要がありますか?Ecovadis最新のebookをご覧ください。
表示する