エネルギー・公益業界の企業のサステナビリティイニシアチブ | EcoVadis Skip to content

エネルギー・公益事業

Main content

サプライチェーンはなぜ持続可能であるべきか

エネルギー・公益事業分野では、規制当局の監視が強化され、公益事業者のコスト管理への関心が高まっています。この変化は、リスクを管理しながらコストを削減することを目的とした、戦略的調達プログラムの普及をもたらしました。

パフォーマンスの向上と
コストの削減

革新と
成長の促進

リスクの管理と
ブランドの保全

プラットフォームの概要

スコアカード

EcoVadisスコアカードは220以上の業種に対応し、180ヵ国以上でサプライヤーのCSR実践のモニタリングに活用されています。評価のフレームワークは、各企業の活動、規模、および事業を展開する地理的な条件に応じてカスタマイズされます。

監視

ダッシュボードでは、担当者やカテゴリー別に、または任意のフィルターにかけてビジネスパートナーのパフォーマンスをモニタリングできます。評価依頼、レポート作成、データのエクスポートを行い、リスクとパフォーマンスに関する目標やイニシアチブにチームを参加させることができます。

ベンチマーク

サプライヤーのパフォーマンスをそれぞれのテーマに沿って、業種または国別に測定します。

実行計画

実行計画にアクセスし、CSRパフォーマンスを向上させるためにサプライヤーがとる行動について、バイヤーとサプライヤーの間で対話ができる。

スコープ3の脱炭素化の取り組みが加速。最新の戦略および主要データをご確認ください。
表示する
新機能:バロメーター2024:調達を戦略的サステナビリティ&レジリエンスパートナーに変革する
表示する