エコバディス' 「サステイン2021」カンファレンスをオンデマンドで配信中!
今すぐ見る
持続可能なサプライチェーンを再構築する時。
スタートアップガイド」を見る

持続可能なサプライチェーンのための評価依頼企業向けソリューション

600社を超える多国籍企業が、EcoVadisと協力してリスク管理、コスト削減、技術革新と新たな収益の促進に取り組んでいます

サプライチェーンはなぜ持続可能であるべきか

環境、社会、倫理的なパフォーマンス(またはサステナビリティ)は、今日のスマートビジネスにとって不可欠な要素であり、サプライチェーンはインパクトの最大のレバーです。

15-30%

パフォーマンスの向上と影響力の拡大

持続可能なサプライチェーンの実現は、ブランド価値の改善につながる

出典:世界経済フォーラム、
「サプライチェーンを超えて」

90%

資本コストの低減

資本コストに関する調査の90%が、優れた持続可能性の実践によって企業の資本コストを削減できると示す

出典: Arabesque Partnersとオックスフォード大学の報告書『From the Stockholder to the Stakeholder』

9-16%

サプライチェーンのコスト
削減

持続可能なサプライチェーンの実現により、関連するコストを9~16%削減可能

出典:世界経済フォーラム、
「サプライチェーンを超えて」

持続可能なサプライチェーンのための全面的なソリューション

EcoVadisが提供する「Sustainability Intelligence Suite(持続可能性分析ツール)」は、サプライチェーンに関わるリスクの広範な洗い出しから、実用的な評価を備えた信頼性の高いスコアカード、そして完全な監査また改善管理まで、持続可能性のリスクおよびパフォーマンス管理の全領域に対応しています。

当社のアプローチ

すべてのソリューションは、当社のアプローチを際立たせる3つの主要な柱の上に構築されています。

専門性

  • 198の業種カテゴリーと155ヶ国に対応した評価手法
  • 主要な国際基準(国連グローバル・コンパクトなど)と密接に連携した評価基準
  • 産・学の専門家からなる科学委員会が指導
  • 世界をリードする持続可能性の専門家を各国で採用

テクノロジー

  • テクノロジーへの多大な投資により、過去10年以上にわたってサプライチェーン技術の最先端に
  • 主な重点分野:人工知能、機械学習、ソフトウェア統合、ユーザー体験など
  • 主目的:当社顧客の優位性、スムーズで滞りのない統合、成功に向けた迅速な拡張

プログラム管理

  • すべてのソリューションには、カスタマイズされたサービスを含む
  • 10以上の言語で週5日24時間のサポートを提供
  • アカウント管理とコンサルティング業務のトレーニングを受けたカスタマーサクセス・マネージャーを世界中に配置。パッケージ・ソリューションやオーダーメイドのサービスに関わらず、顧客のプログラムをサポート

当社の顧客

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、ヘルスケア関連製品の研究開発、製造、販売を行う持株会社です。 一般向け、医薬品、医療機器の3つの分野で 事業を展開しています。

サプライヤーとの提携することで、サプライチェーンの社会的、環境的、経済的パフォーマンスを強化できます。全体的なフットプリントを削減することで、自社を強くできるのです。 EcoVadisのサービスは、サプライヤーがジョンソン・エンド・ジョンソンの責任基準(Responsibility Standards)に準拠しているかどうかを確認するのに役立っています。

レン・デカンディア 最高調達責任者

栄養と健康を届けるネスレは、惣菜、調理補助食品、乳製品、医薬品、眼科用品、ベビーフード、シリアルなどの製造・供給・生産を行っています。

当社では、エコバディス が非常に効率的で、当社のサービスおよび間接材 料サプライヤーのほとんどを管理するのに便利であることを発見しました。エコバディス を通じて、サプライヤーの実践を深く理解することができます。
ネスレのレスポンシブル・ソーシング(Nestlé Responsible Sourcing)に沿って、エコバディス は、サプライヤーがすでに持っているものを活用して、サステナビリティのパフォーマンスを実証するユニークな方法を提供しています。
ネスレのような購買組織にとって、エコバディス プラットフォームは、重複を回避し、戦略的サプライヤーとのレスポンシブル・ソーシングに関する効果的なコラボレーションを確実にするために使用するツールの一つです。

テイラー・ミラー レスポンシブル・マネージャー

Centrica plcは、イギリスのバークシャー州ウィンザーに本社を置く多国籍のエネルギー・サービス会社です。 イギリス、アイルランド、北米の企業や消費者に電気とガスを供給することを主な事業としています。

EcoVadisは、私たちの責任ある資材調達プログラムを、次のステップへ進めることを可能にしてくれました。 特に、複数の言語で様々な地域のサプライヤーに対応して頂いた事に感謝しています。 評価とベンチマークにより、資材調達チームの意思決定や、パフォーマンスの維持・向上が容易になりました。

LVMH Moët Hennessy Louis Vuitton SEは、奢侈品を扱う会社です。 事業は「ワイン&スピリッツ」「ファッション&レザーグッズ」「香水&化粧品」「時計&ジュエリー」「セレクティブ・リテーリング」などのグループに分かれています。

新しい規制はきっといい効果をもたらすでしょう。というのも、つい最近まで、LVMHの各メゾンは持続可能性の実現に向けて独自にアプローチしなければならなかったのですから。 現在、特にフランスにおいてはサパンII法および注意義務法の規制によって、グループ全体が子会社レベルで起こることにも責任を持つことになりました。 つまりメゾン、各事業、またグループ、それぞれのレベルで行えることの間に、よりたしかなつながりを見出す必要があるのです。 これは子会社間のあらゆる相乗効果を高めることになりますし 非常にポジティブなことでもあります。 EcoVadisの活用について私が伝えたいのは、リスクにさらされているサプライヤーの迅速かつ正確なマッピングを行うのに役立つということです。

クリスチャン ガリション CPO、LVMH

1876年に設立されたヘンケルは、接着技術、ビューティーケア、ランドリー&ホームケアという3つの分野で、 アドヒーシブ テクノロジーズ(接着技術) ランドリー&ホームケア ビューティーケアの3つです。

Persil、Schwarzkopf、Loctiteといったブランドのイノベーションや技術のおかげで、法人向けおよび一般消費者向けビジネスの両方で主導的な地位を占めています。

EcoVadisが提供するのは指標だけではありません。サプライヤーとの話し合いの場があることで、イノベーションをめぐる対話が実現します。 私たちヘンケルに競争上の優位性をもたらしたり、実際に供給の確保につながるなど、そこから共同の機会が生まれることもあるのです。

カトリン・フェイエラベンド ・グローバル・ヘッド・レスポンシブル・ソーシング

ロメールS.A.は、パリに登録事務所を持つオー・ド・セイン州クリシーに本社を置くフランスのパーソナルケア会社です。世界最大の化粧品会社であり、ヘアカラー、スキンケア、日焼け防止、メイクアップ、香水、ヘアケアに集中する活動を展開しています。

当社は一次下請け(ティアワン)だけで7万社以上のサプライヤーを抱えています。 この規模の大きさを知っているからこそ、私の行動計画を後押ししてくれる助けが必要なのです。

レジネ・ルーカス 最高調達責任者、ロレアル

アトスは、フランスのブゾンに本社を置き、世界各国にオフィスを構える多国籍ITサービス・コンサルティング企業です。 ハイテクトランザクションサービス、ユニファイドコミュニケーション、クラウド、ビッグデータ、サイバーセキュリティサービスを専門としています。

資材調達については 既存のクライアントや潜在顧客への入札において営業部門をサポートする必要があります 最近では、入札パッケージの中に持続可能性の基準やEcoVadisのスコアを求めるクライアントが増えてきています。 弊社は 英国で公共部門の入札を勝ち取りました CSRスコアに加えて 持続可能性プログラムの実績を提示できたことが大きかったと思います

ピーター・ホブデイ 副CPO

Group PSAはフランスに本社を置く自動車とオートバイの多国籍メーカーです。販売はプジョー、シトロエン、DS、オペル、ヴォクソールの各ブランドで展開しています。

まず全てのバイヤーおよび購入品において 戦略を持つよう依頼することから始まりました。 戦略を持つと その一部であるサプライヤーは すでにCSRを評価されていなければなりません。 入札が始まる前から CSRはその一部となっているのです。 そしてもちろん、各バイヤーがグループ全体に何かを提示し、入札の呼びかけを行う際には、CSRの評価が必要になります。

エリック・リヒター サステナブル・調達マネージャー

Group PSAが販売する自動車を見てみると、それを構成する部品の90%以上が他から購入されています。街中を走るすべての車が持続可能な方法で生産されているかどうか、当社の購買部門で精査しているのもそのためです。 大きな仕事が課されていると言えましょう。 同時にそこには、私たちを引きつける何かがあります。業界をより良い方向へ牽引できることは、私たちの喜びであり、誇りです。 そうするのが自然なことだと思っています。

エリック・リヒター サステナブル・調達マネージャー

1933年に設立されたエールフランスは、スカイチームの創設メンバーです。 品質と革新性に焦点を当てた継続的な取り組みを常に意識しています。 顧客の期待に応える製品やサービスを提供することは、エールフランスの最も重要な課題のひとつです。 長距離路線では、「New Travel Concept」を導入し、La Première(ファーストクラス)、Affaires(ビジネスクラス)、Premium Voyageur(プレミアムエコノミー)、Voyageur(エコノミー)のキャビンを一新しました。また、中距離路線の大幅な見直しも実施されています。

EcoVadisを選んだ理由は、弊社は該当分野のエキスパートと仕事をすべきだと思っているからです。社内にはそうした人材もいませんし、EcoVadisを利用することでサプライヤーを評価するための手順やサプライヤーのネットワーク、そして構築された評価手法を手にすることができました。 当社のニーズを十分に満たしたのはもちろんのこと、その他多くの企業のニーズを満たせると考えています。

クリスティーン・マジnot 調達プロセスとパフォーマンスシニアマネージャー

1964年に設立されたCascadesは、持続可能で革新的な付加価値のある包装、衛生、回収のソリューションを提供しています。 顧客に信頼される革新的な製品を届けると同時に、人々、地域社会、そして地球全体の幸福に貢献しています。

2012年、当社の「持続可能な開発」チームは、Cascadesをサポートしてくれる企業をいくつか検討し、その評価を社内で行いました。 私たちが採用しようと決めたのが、その中でもっとも先進的な企業であったEcoVadisだったのです。 昨年、契約更新の時期を迎えたときに、市場にあるものを再度検討し、EcoVadisの継続を決めました。 私たちが特に感謝していることのひとつは、協力して改善を支援してくれる専門家からのサポートです。

チャンテール・ルーロー 調達ディレクター

産業と健康のためにガス、技術、サービスを提供してきた世界的リーダーであるエア・リキード。80カ国に約66,000人の従業員をようし、360万人以上の顧客と患者にサービスを届けています。 酸素、窒素、水素は生命、物質、エネルギーに不可欠の低分子です。 これらはエア・リキードの科学的領域を体現するものであり、1902年の創業以来、活動の中核を担ってきました。

エア・リキードは、業界のリーダーとなり、長期的に業績を上げ、持続可能性に貢献することを目指しています。

弊社の年間予算は約100億ユーロで およそ7万社のサプライヤーと提携しています。 当社の購買特性のひとつは、活動と地域の多様性に関連しています。 購買カテゴリーの管理や調達戦略の実施にある程度の複雑さを伴うのはそのためです。

ベンジャミン・デュクロック 施設・サービスディレクター

Rete Ferroviaria Italiana(RFI)は、Ferrovie dello Statoグループの中で、インフラ管理という公的な役割を担っています。 線路、駅および設備の責任者として、イタリアの鉄道事業者に鉄道網へのアクセスを保証し、そのメンテナンスや安全な循環の確保に努めています。また、鉄道線路と設備の改善とそのための投資を管理。システムと素材の技術開発も行っています。

Rete Ferroviaria Italianaは 一般競争入札の報奨基準として イタリア(そしておそらくヨーロッパ)の鉄道業界で初めてEcoVadisの評価を導入しました。 次のステップは、他の鉄道事業者や主要企業も含めて、グループ全体でこの評価を基準として導入することです。

エドガルド・グレコ 最高経営責任者

マンパワーグループは、人間の潜在能力をビジネスの力に結びつける革新的なワークフォース・ソリューションの世界的リーダーです。 ManpowerGroup Solutions、Experis、Manpower、Right Managementなどのブランドを通じて、大企業から中小企業まで、 あらゆる業界の組織にサービスを提供しています。

私たちはEcoVadisの審査を共通の基準として使用しています。グローバルなクライアントが何を期待しているのかについて、現地のチームを教育。潜在的なリスク領域のみならず、組織全体で共有すべき成功事例を見つけるのに役立っています。

ジョアン・ストリコン ・グローバル・サステナビリティ・マネージャー

アクサは、パリ8区に本社を置くフランスの多国籍保険会社。グローバルな保険、投資管理、その他の金融サービスを提供しています。

EcoVadisと協力するメリットは、その専門知識とサポートにあります。当社の調達担当者へトレーニングを施し、さらにリスクを理解して積極的に対処するため、プロセスの再定義を促してくれるのです。

サイモンロッジ カテゴリーマネジメント責任者、アクサ英国

UPM製品には、パルプ、紙、合板、製材、ラベルおよび複合材料、バイオエネルギー、輸送用バイオ燃料、生化学品およびナノ製品が含まれます。同社は、グラフィックペーパーの世界有数の生産者であり、自己接着ラベル材料の第2位の生産者です。

UPMの供給ベースはかなり大規模です。 サプライヤーは2万5千社に上り 調達している原料は多岐に渡ります。 当社にとってどこにリスクがあるかを知ることが欠かせません。 活動の焦点をどこに合わせるかを判断するツールが必要です。

ニーナ・ニョレマ 社会責任部長

新しいトレンドと期待が自動車産業のあり方を変えようとしています。 この革命から生まれる新しい挑戦に触発されて、フォルシアはモビリティの明日を予測。未来のコックピットと持続可能な移動を実現するため、最先端のソリューションを開発しています。 一歩先のよりクリーンでスマートなモビリティに貢献し、価値を創造したいと考えているなら、フォルシアが最適です。

持続可能性に関するレポートは フォルシアの重要業績評価指標(KPI)と月次レビューに含まれています。  サプライヤーを評価する際には、持続可能性の成熟度レベルに合わせてKPIを調整しています。

マーク・ピナート 購買プロセス エクセレンス・ディレクター

香水・化粧品向けにガラス瓶を製造する世界的なリーダー。120年以上にわたって大手ブランドにガラスを供給してきました。

顧客からの要望で数年間、EcoVadisの評価を受けていました。 役員会で 内部リファレンスとしてエコバディスの採用が3年前に決まりました。 EcoVadisの参照フレームワークが網羅すべき課題をすべておさえていたため、当社のCSR体制を整えることができました。同時に、それぞれの子会がグループ全体の戦略と歩調を合わせられるようになり、その運用が測定可能な形でなされているかも確認できるようになったのです。

品質 CSRと継続的改善担当エグゼクティブ・ディレクター

Belron International Ltd.は、車両用ガラス修理・交換(VGRR)サービスの世界的なリーディングプロバイダーです。同社は、何千ものガラス交換サービスセンターのネットワークを運営しており、移動修理車輌に支えられています。

私はCSRの責任者ですが 社員が戦略に関わるためにも この種のツールはとても重要です。 EcoVadisの評価を受けるように依頼してきたパートナーにはスコアを送信。評価の依頼をしない他のパートナーにもスコアを送っています。 私たちの活動に対する外部からの承認とアプローチが得られる。これはとても重要なことです。

セリーヌ・クーリブル・ドゥメニル CSR&コーポレート・コミュニケーション・オフィサー

エコバディス のプラットフォームを採用したのは、サステナビリティ分野のパフォーマンスを評価し、レビューするための優れた堅牢なアプローチを持つ、最も歴史のある評価プラットフォームの一つだったからです。また、当社の主要顧客の一社からサプライヤーとしての評価を要求されていたこともあり、プログラムを採用することで、顧客を満足させるだけでなく、持続可能な考え方を推進し、各組織内に持続可能なビジネスアプローチを組み込むことができるという相乗効果が得られました。エコバディス のプラットフォームが本当に気に入っているのは、各企業がそれぞれの目的に合わせて、それぞれの国や市場でそれぞれの優先事項に合わせて、それぞれの目的に合わせて、それぞれの企業が採用し、使用することができるテンプレートであり、それぞれの地域のオーナーシップを与えてくれます。

ジャスティン・バザルゲッテ CSR測定・環境効率責任者

Atlinksは、主に家庭用およびオフィス用の通信製品の設計を行っています。 顧客は、ヨーロッパや中南米に拠点を置く大手消費者向け小売チェーン店、通信事業者、代理店など。

2012年にさかのぼりますと、ある第1層の通信事業者の顧客から、サプライヤーとしてアンケートに回答してほしいとの依頼があり、その後、2回目のアンケートを実施しました。私たちはすぐに、エコバディス プログラムに参加することのメリットを実感しました。このプログラムはCSR評価のための非常に有名なプラットフォームで、他のお客様からも当社の評価を見たいという要望がありました。さらに、良い結果が得られたという事実は、このことをより広く顧客に伝えるための励みにもなりました。
現在では、サステナビリティ評価は当社のマネジメントシステムの一部となっており、活動、プログラム、研修、監査、意識向上、レビューの年間サイクルの最後に計画されています。また、香港の取引所市場はサステナビリティに対する要求が非常に高いため、これは当社のIPOにとっても非常に有用であることがわかりました。以前にもいくつかの取り組みを行っていましたが、エコバディス のおかげで、それらを構造化し、お客様のために価値を創造することができました。

カルメン・フアルダ CSRマネージャー

Beckers Groupは、環境に配慮した高品質な塗装システムの開発に注力している世界的な塗料企業です。 150年以上の長い歴史をとおして培った専門知識で、60カ国の顧客にソリューションを提供しています。

EcoVadisのサービスは、サプライヤーがプロセスとパフォーマンスを開発し、長期的な供給リスクを軽減するための優れたガイドラインになっています。

トーマス・ルーダー ・グローバル・ディレクター調達・サプライチェーン・マネジメント

Cienaは、ネットワークシステム、サービス、ソフトウェアを扱う会社です。 常に変化するユーザーの要求に各クライアントが応えるにあたって、「Adaptive NetworkTM」を構築するためのソリューションを提供しています。

スコアカードのフィードバックは、比較的使いやすく、理解しやすいうえ、統合された是正措置を含んでいます。 このフォーマットで注目すべきは、サプライヤーのパフォーマンスについてバイヤーと話す際に役立つ重点領域です。

マーク・スティーブンス 企業の社会的責任のディレクター」

クラリアントは、1995年にSandozからスピンオフして設立されたスイスの特殊化学品会社です。 「ケアケミカル(一般向けおよび産業向け)」「触媒」「天然資源(石油・鉱業および鉱物)」「プラスチックとコーティング」の4つの事業分野に注力しています。

EcoVadisの評価方法の主な利点は、非常に柔軟性が高いため、業界、地域、規模を問わず、サプライヤーのプロファイルに適応できることです。 また スコアだけでなく サプライヤーが改善プログラムを推進するための基盤を提供してくれます。 これにより サプライヤーは 持続可能性のパフォーマンスがどの程度改善されたかを把握するとともに それを弊社に示すことができます。

チェーザレ・グアリーニ 調達責任者 - 戦略イニシアティブ

コカ・コーラアマティルリミテッド(CCA)は、アジア太平洋地域におけるノンアルコール飲料の最大のボトルの一つであり、世界の5大コカ・コーラボトラーの1つです。

当社の持続可能な調達は、リスク管理とブランドの評判を重視し、サプライヤーが正しいことを行っていることを確認する「プロテクト」の分野から始まりました。厳格な社内コミュニケーションとエンゲージメント計画を策定し、プログラム開始前にサポートを得てフィードバックを取り入れることにしました。

マイケル・ヘインズ グループ調達部門マネージャー&サステナブル調達

EAは従業員が100%出資する公益法人です。環境、コンプライアンス、天然資源、インフラエンジニアリングおよび管理ソリューションを、公共および民間セクターの幅広いクライアントに提供しています。

EcoVadisに関わってもらい、当社が行っていることを正確に見てもらう。何がうまくいっていて、どこを改善すべきかのかを学び、既存のプログラム強化につなげる機会を得ることは、私たちにとっても非常に興味深いことでした。

マイケル・バトル 最高執行責任者

Firmenich SAは、香料(フレグランスおよびフレーバー)事業を展開するスイスの民間企業です。 この分野では同国最大の民間企業であり、世界でも第2位にランクされています。 100年以上にわたって香水を作り続け、数々の有名な香りを生み出してきました。

エコバディスは私たちにとっての戦略的ツールであり私たちの活動を組み立てる方法でもあります。 チームに関わってもらう手段でもあります。 ビジネスの観点から見ると、EcoVadisを知っている多くのクライアントからEcoVadis Ratings(EcoVadisによる評価)を求められます。 これはクライアントとの共通の基盤を作るのにも役立ちます。 将来的には、サプライヤーにも同様のことを行い、ブランドから農家、さらには他の分野のサプライヤーにいたるまで、とてもユニークで前向きなつながりを構築していきたいと考えています。

ベランジェール・マガリノス=ルチャ・ グローバル・サステナビリティ・ヘッド

INGグループは、オランダのアムステルダムに本社を置く多国籍の金融機関です。 リテール・バンキング、ダイレクト・バンキング、商業銀行や投資銀行、ホールセール・バンキング、プライベート・バンキング、資産運用、保険サービスなどを扱っています。

持続可能性の向上を称え、支援する──。それこそが私たちの目的であり、当社で行っている新しい持続可能性キャンペーンの重要なメッセージです。 あらゆる部門のクライアントに持続可能性のパフォーマンスを改善するよう奨励しており、実際にインセンティブも提供しています。 持続可能性の評価は企業に利するところがあり、その向上は資金調達コストの削減にもつながるのです。

ローランド・ミース・ ディレクター ING サステイナブル・ファイナンス

最新ニュース

記事を読む