温室効果ガスのマネジメントを行うためのスコープ3に取り組むソリューション | EcoVadis Skip to content

大規模な脱炭素化

温室効果ガスのマネジメントを行うための、利用しやすいサプライヤー参加型ソリューションで、サプライチェーン全体で脱炭素化を促進できます。

Main content

カーボンアクションの推進力は、かつてなかったほど強まっています

サステナビリティに関する投資家の懸念および顧客や同業者からの要求の高まり、新たな気候変動規制の急増、世界的な世論の大きな変化などにより、企業は行動を起こすことについて前例のない圧力を受けています。

多くの場合、科学的根拠に基づいた削減目標
と温室効果ガスの規制に関する報告
には、スコープ3の排出量が含まれることがある

排出量の透明性が製品レベルで求められる

スコープ3削減の複雑な課題

企業は、意欲的な削減目標を果たすために尽力しており、能力を育成し、正確なベースラインを把握して、意味のある実施対策を講じるために、バリューチェーンのパートナー間における協力が重要です。世界中の排出量のうち60%が、サプライチェーンで発生していますが、リソースや着手する能力が不足しているため、カーボンについて報告されているのは15%未満です。さまざまな成熟度のサプライヤーと連携して、想定値を使用するのではなく、カーボンデータを収集することは、複雑な課題のままです。

バイヤー

  • 高リスクサプライヤーの特定に関する課題に直面している
  • サプライチェーンの一次カーボンデータをほとんど入手できない
  • 透明性またはデータ品質に対する確証の不足
  • サプライヤーの関与を保つことが困難
  • 変化し続ける規制環境に適応することが難しい

サプライヤー

  • 長期的なコミットメントを行うのが困難
  • 時間とリソースが不足している
  • カーボンマネジメントの成熟度が不足している
  • 排出量を測定して報告する能力が不足している

典型的アプローチの限界

手動のデータ収集では時間がかかり、エラーが起こる

いまだに86%がスプレッドシートを利用して、手動で排出量を記録している

サプライチェーンの複雑性によって連携が困難になる

平均的なサプライチェーンには、150種類以上のカテゴリーと100か国以上の国があり、これによって温室効果ガスのマネジメントを行うための一元化されたサプライヤー参加型戦略を調整することが困難になる

想定値とベンチマークが不正確なベースラインと進捗状況の追跡につながる

一次データをほとんど入手できなかったため、意欲的な目標に沿って削減された排出量は14%だった

1度限り参加するものとしてプログラムに対応する

66%がサステナビリティの監視強化に対処する専門知識が欠けているため、コンサルタントを雇っている

EcoVadisカーボンアクションマネージャー

カーボンアクションマネージャーは、温室効果ガスのマネジメントを行うための、サプライヤー参加型ソリューションです。CAMを利用すると、サプライヤーのカーボン排出量のリスクとパフォーマンスを素早く把握し、サプライヤーの成熟度に応じて幅広いサプライヤーと連携できます。能力を育成し、具体的な改善を促進して、気候変動に関する実施対策へのコミットメントを果たすため、ツールを使用することができます。

主要メリット

リスクマッピングを使用して優先順位を付ける

サプライヤーと連絡を取らずに素早く、サプライヤーのカーボン排出量のリスクについてインサイトを得ることができ、温室効果ガスのパフォーマンスを把握し、参加するサプライヤーに優先順位を付けて、協力モデルを調整できます。

信頼できる一次データ

信頼性の高いデータを利用します。信頼性の高いデータとは、証拠に基づいており、通常生じる経費をかけずに独立したレビューが行われているデータのことです。

改善促進を重視した設計

改善を早めて、大規模な成果を生み出すために、あらゆる成熟度のサプライヤーが能力育成のツールと参加メカニズムを利用できるようにサポートします。

実用的なインサイト

EcoVadisの業界最先端の評価手法を利用して評価されたサプライヤーのベースラインを把握し、専用の報告を入手することで、対象の実施対策を促進し、進捗状況を追跡して、サプライチェーンのスコープ3に関する開示内容を強化できます。

主要機能

カーボンヒートマップ

カーボン排出量のリスク/機会を迅速かつ簡単にマッピングするツールを活用することで、サプライチェーン全体におけるカーボンホットスポットを特定し、サプライヤーと連携できます。このツールではサプライヤーの数に関わらず、カーボン排出量のリスクを確実に計算でき、企業レベルの詳細まで掘り下げて詳しい情報を得ることができます。また、各サプライヤーに合わせてカスタマイズした推奨事項を受け取り、脱炭素化に向けての取り組みを開始することもできます。

カーボンレーティング

サプライチェーンのカーボンパフォーマンスについて重要なインサイトを得ることができます。この情報は業界最先端の評価手法に基づいて評価されたものです。評価手法は、サプライチェーンに関する新たな規制やベストプラクティスに対応するため、科学委員会によって修正され続けます。強みと改善分野を特定することで、連携戦略を促進できます。評価対象企業は、サステナビリティに対するコミットメントを示すアプローチを向上させるために、カスタマイズされた計画を受け取ります。

カーボン計算機

サプライヤーは、使いやすいカーボンカリキュレーターを利用できます。カーボンカリキュレーターは、事業活動、エネルギー源、消費量データを考慮に入れて温室効果ガス排出量を想定するために、温室効果ガス(GHG)プロトコルに合わせたものです。この計算は、世界180以上のロケーションを対象としたグローバル排出要素データベースに基きます。

サステナビリティメトリクス

プラットフォーム上ではサプライヤーと協働することが可能で、スコープ1、2、3排出量の一次定量的データ、消費した再生可能エネルギー、エネルギー消費量など、サプライヤーのサステナビリティメトリクスに関して、リクエスト、監視、追跡を行うことができます。

製品カーボンフットプリント(PCF)データ交換

ISO規格および温室効果ガス(GHG)プロトコルに準拠した、世界的に認められている基準(カーボン透明性のためのパートナーシップ(PACT))を使用して、製品レベルのカーボンデータを直接パートナーから収集します。EcoVadis PCFデータエクスチェンジでは、脱炭素化と排出量に関する説明責任を強化する企業を支援します。この機能を使用することで、透明性とスコープ3の改善に関する詳細な一次データ、およびPCFダッシュボードでギャップ/機会に関する深いインサイトを得ることができます。

Eラーニング

企業の要件に応じたオプションや改善計画へのリンクによって、従業員やサプライヤーが温室効果ガスマネジメントに関する知識を得ることができ、脱炭素化戦略を促進することが可能となります。

カーボンダッシュボード

ダッシュボードでは、ネットワークの温室効果ガスマネジメントパフォーマンスがすべて表示されます。主要業績評価指標を地域や業種別に分析し、進捗状況と改善傾向をモニタリングできます。また、脱炭素化アクションの特定の分野を掘り下げて、対象となる改善プログラムを構築することができます。

改善の促進

67000 +
カーボンスコアカード
26000 +
企業が報告した
カーボンメトリクス
33 %
再評価の際に
改善されたパフォーマンス

お客様事例

パートナーシップとイニシアチブ

プレスリリース

記事を読む
スコープ3の脱炭素化の取り組みが加速。最新の戦略および主要データをご確認ください。
表示する
新機能:バロメーター2024:調達を戦略的サステナビリティ&レジリエンスパートナーに変革する
表示する