企業の社会的責任の評価についての定義 | EcoVadis Skip to content

CSR評価

audit management for supply chains
Main content
用語集に戻る

CSR評価とは?

CSR評価とは、企業の社会的責任(CSR)をどの程度よく組み込んでいるかについての評価です。CSRは、企業に、企業のサプライチェーン内の環境的、社会的、倫理的課題を検討し、それらに対処するよう促進するビジネスモデルです。CSR評価を行うことで、あなたの会社のパフォーマンスが、同様の会社と比べてどのようなものなのかをより良く理解でき、顧客およびその他の利害関係者に価値ある情報を提供できるようになます。

最初のステップは、企業のサービス、製品、活動、企業活動の現在の意思決定プロセスについて、すべての関連する重要な情報を集め、分析し、検討して、CSRの課題に対処することです。適切なCSR評価は、評価対象企業についての以下の4つのテーマの情報を提供するはずです。

CSRの4つのテーマ

CSR評価は、事業が直面する主なリスクと機会を明らかにし、以下についての徹底した分析を提供します。 出現しつつある機会と課題に対応する上で現在の企業戦略は効果的なのか、CSRに関連する強みや改善点は何か、といった点への回答をCSR評価に含めることにより、ステークホルダーに価値ある情報を提供することができます。

当社の包括的手法ガイドの基準について詳しく知る

なぜCSR評価を行うのか?

ほとんどの企業が、顧客や利害関係者のリクエストに応じてこれらの評価を行ったことがあります。企業の社会的責任に関する情報がない場合、上級管理者が有益で上方に基づいた決定を行うことが困難になります。評価によって集められた情報により、企業が持続可能ではない方向に向かうことを避けられます。

現在、多くの大企業がCSRをブランドイメージに統合し、サプライチェーンのサステナビリティ、社会的倫理を、販売する製品と同じくらい重要視しています。

評価はどのように行われますか?

CSR評価には、一般的に以下のステップが含まれます。

  1. CSRリーダーシップチームを立ち上げ、
  2. CSRの作業定義を策定し、
  3. 法的要件を特定し、
  4. 企業の文書、プロセス、活動を検証
  5. 主要な利害関係者の特定し、関与させる。

評価を行う方法は多数ありますが、これは企業がCSRのレンズを通して業務の全範囲を評価するひとつの方法です。EcoVadisの評価および等級付け手法では、情報を取得して分析し、0~100のスケールで等級付けしてスコアカードに抽出します。この手法は以下の原則に基づいています。

  • 証拠に依拠する
  • 業種、国、規模を考慮する
  • 多様な情報源を活用する
  • テクノロジーを強調する
  • 評価のために国際的なCSR専門家を雇用する
  • トレーサビリティと透明性を確保する
  • 継続的な改善の努力をする

クライアントからCSRの実践に関する評価の依頼を受けたことはありますか?

+能力ウェビナーシリーズ:貴社がサプライチェーンのサステナビリティをナビゲートする能力を向上させましょう
今すぐ登録する
新機能:バロメーター2024:調達を戦略的サステナビリティ&レジリエンスパートナーに変革する
表示する