企業の社会的責任についての定義 | EcoVadis Skip to content

企業の社会的責任

corporate social responsibility
Main content
用語集に戻る

企業の社会的責任とは?

企業の社会的責任(CSR)とは、組織の活動の社会及び環境への影響を測定し、自己規制する事業慣行です。これは、以下のような特徴を持つ、透明で倫理的な行動により達成されます。

  • 健康や社会福祉を含めた持続可能な発展に貢献
  • 利害関係者と顧客の期待を認識
  • 適用法に準拠し、国際基準と一致
  • 組織全体に適用し、外部利害関係者との関係に反映

ISO2600の6つの中核主題:

  • 人権
  • 労働慣行
  • 環境
  • 公正な事業慣行
  • 消費者課題
  • 地域への貢献と発展

CSRは、持続可能な調達と緊密に連携し以下に役立ちます。

  • 人権の保護を支持・尊重し、事業が業務全体を通して虐待に関わっていないことを保証し、あらゆる形の強制労働を撲滅しようと勤める。
  • 雇用の平等を推進し差別をなくす。
  • 事業の環境への影響に対する責任を特定する。
  • 不正行為防止対策、責任あるマーケティングと内部告発の仕組みを含む、厳格な倫理的事業慣行を実施する。
  • 透明性を指示し、企業のCSRの進捗を報告する。
  • この責任をサプライチェーンに拡張し、サプライヤー、パートナー、販売代理店、その他第三者がこれらの原則を遵守させる。

CSRテーマと基準

EcoVadis は、次のテーマを網羅するよう
企業の社会的責任の範囲を定義しています。

当社の包括的手法ガイドの基準について詳しく知る

CSRの実施方法:

  • まず、必要な方針、業務上の実行計画、全CSRテーマにわたる活動の報告の仕組みを作成して、CSR管理システムを確立する。これらの方針が定義され、実施のための充分なリソースを割り当てられ、進捗の追跡と結果報告を可能にするために関連するKPIがあることが重要。
  • 次に、上級管理者レベルの支援を得て、方針を会社全体に確実に伝える。
  • その後、意思決定レベルのCSR専門家に管理方針の開発と実施を委託。
  • 次に、時間をかけてすべての利害関係者との関係を構築する(株主、従業員、NGO、パートナー、顧客など)。
  • 最後に、これらの方針を通常の報告サイクルおよびチャンネルに統合する。

CSRが実施できた場合のメリット:

  • 期待とリスク管理の向上。
  • 評判とブランドイメージ管理の向上。
  • 市場ポジショニング、イノベーションの改善、競争力。
  • 操業費用の節約
  • 効果的かつ効率的なサプライチェーン関係を誘致し構築する能力の向上、
  • 規制者との関係改善と環境および社会関連法令の順守。

EcoVadisの評価および等級付けを利用すると、お客様の会社の管理システム、強み、改善可能な領域についてしっかりと理解することができます。

持続可能な調達についての無料相談をご希望ですか?

スコープ3の脱炭素化の取り組みが加速。最新の戦略および主要データをご確認ください。
表示する
新機能:バロメーター2024:調達を戦略的サステナビリティ&レジリエンスパートナーに変革する
表示する