サステナビリティ報告についての定義 | EcoVadis Skip to content

サステナビリティ報告

sustainability reporting
Main content
用語集に戻る

サステナビリティ報告書とは?

サステンビリティレポートを通して、企業は、環境、社会、ガバナンスのパラメータなどの持続可能性の広範なトピックに関するパフォーマンスとその影響を伝達します。また、 企業が直面するリスクとチャンスの両方についての透明性をより高めることができ、ステークホルダーがパフォーマンスについて、より深く理解できることになります。

企業や政府において信頼を構築し管理していくことは、持続可能な経済や世界の繁栄を創造するための基本です。政府や企業が下す決定は、金融機関、労働組織、市民社会、市民などのステークホルダーに直に影響を与えます。これらの決定は財務情報のみによって下される場合は少なく、多くの場合には短期的・長期的リスクとチャンスも考慮されます。サステナビリティに関するトピックは意思決定において重要な要素となってきます。

世界の企業がサステナビリティレポートを採用する中、ステークホルダーがサステナビリティレポートをより効果的に評価・比較できるよう、数多くの基準が登場しています。最も広く採用されている枠組みは、Global Reporting Initiative Standards(GRIスタンダード)です。トリプルボトムライン(TBL)報告や企業の社会的責任(CRS)報告などの他の形式の非財務報告と関連付けられています。

組織の非財務的リスクと機会を特定するのに、利害関係者が重要な役割を果たします。意思決定プロセスにさまざまな利害関係者を含めることによって得られる透明性は、より良い決定だけではなく事業の信頼構築にもつながります。

促進要因

より良い評判:
企業の評判に関する2011年の調査で、透明性を高めプラスの行いを報告することが、ビジネスの公的信頼を構築するための最も重要な2つの方法だということが明らかになったった。「2013 Boston College Center for Corporate Citizenship and EY」調査によると、50%を越えるサステナビリティレポートを発行している回答者が、これらの報告書が企業の評判を高めるのに役立ったと回答。

社員の期待に応える:
従業員はサステナビリティレポートの重要な読者です。報告書を最初に受け取る読者であり、報告書は社員の定着率と忠誠心の向上に関わってきます。つまり、報告書は従業員全体にポジティブな影響を与え、結果的に企業のパフォーマンス向上につながります。

資本へのアクセスの向上:
報告企業はサステナビリティで高く位置づけられ、KZインデックススコアはサステナビリティの低い企業のスコアよりも0.6ポイント低くなっている(つまり、資本の制約が少ない)。

効率の向上と廃棄物の削減:
サステナビリティ報告は、組織の意思決定プロセスの効率向上に役立ち、サプライチェーン全体のリスク削減を可能にする。このプロセスは廃棄物を削減し、大幅な費用の節約をもたらす。

サステナビリティ報告のメリット:

  • リスクと機会に関する理解の向上。
  • 財務的成果と非財務的成果のつながりを強調。
  • 長期的マネジメント戦略、方針、ビジネスプランへの影響。
  • 費用を削減し効率を改善しながらプロセスを効率化。
  • 法律、基準、規則、業績基準、自発的イニシアチブに関してサステナビリティパフォーマンスを評価。
  • 企業が環境、社会、ガバナンスに関する失敗の公表を回避するのに役立つ。
  • 社内、ならびに組織間および部門間のパフォーマンス比較を可能にする。

外部的なメリットは以下のとおり:

  • 環境、社会、ガバナンスのマイナスの影響を最小化し、評判とブランドロイヤルティを向上する。
  • 有形・無形資産と共に組織の真の価値を、外部の利害関係者が理解できるようにする。
  • 持続可能な開発に関する期待に組織がどのように影響を与え、またその影響を受けているかを示す。

サステナビリティ報告書の事例

多様なセクターおよび産業の企業と組織のサステナビリティレポートを以下に示します。

サプライチェーンのサステナビリティを測定し報告するために支援が必要ですか?

+能力ウェビナーシリーズ:貴社がサプライチェーンのサステナビリティをナビゲートする能力を向上させましょう
今すぐ登録する
新機能:バロメーター2024:調達を戦略的サステナビリティ&レジリエンスパートナーに変革する
表示する