サプライヤー評価についての定義 | EcoVadis Skip to content

サプライヤー評価

supplier evaluation
Main content
用語集に戻る

サプライヤー評価とは?

サプライヤー評価は、量的および質的評価を通して潜在的サプライヤーを評価し承認するプロセスです。目的は、利用可能な最良のサプライヤーのリストを編纂することです。サプライヤー評価では、費用を削減し、リスクを最小化し、改善を促進するため、現在のサプライヤーについてもパフォーマンスを測定しモニタリングして検討します。

アプローチと手法

持続可能な慣行を検討するサプライヤー評価の実施には、複数の異なる手法があります。

  • 従業員と管理者の知識と意図を評価するために作成された質問票。
  • 事業のサステナビリティ原則による効果を数量化するスコアカード。
  • 認定調査者による対象企業への現場訪問。
  • 第三者規格認証。

EcoVadisサプライヤー評価の目的は、企業のサステナビリティ管理システムの質を、企業の方針、実施方法と結果を通して評価することです。

持続可能な調達のためのビジネスケースの構築:5ステップガイド

サプライヤー評価実施のメリット

1.パフォーマンスの可視性を高めます。企業にサプライヤーに関するパフォーマンスデータが確立されていない場合、サプライヤーマネージメントは「推測」に基づいて行われる可能性が高くなります。パフォーマンスを測定するという単純な行為は、サプライヤーによるパフォーマンス目標の達成に基づき企業が追加的な取引を与えるときに、さらに劇的な効果を発揮します。

2.持続可能な調達により、隠れた無駄とコスト推進要因を発見し、除去します。持続可能な調達は、CSRに関してサプライヤーから発生しうる潜在的リスクに満ちています。これらのリスクの一部は、顧客とサプライヤーとのコミュニケーションを改善することで回避することができます。また、顧客はサプライヤーのパフォーマンスならびに商習慣やプロセスを理解することで、サプライヤーが無駄や非効率を削減できるよう支援することができます。これはサプライヤーのパフォーマンスを向上させるだけでなく、顧客にとってのコストが削減されます。

3.供給基盤を活用します。サプライヤーのパフォーマンスを測定することで、企業はサプライヤーのより高品質の結果を生み出すことができる分岐点を設定できます。 企業は、サプライヤーの能力とパフォーマンスレベルをよりよく理解することで、新しい製品やサービスを開発できます。

4.購入者とサプライヤーのビジネス慣行を一致させます。 理想的には、サプライヤーは顧客と同じビジネス倫理を共有し、同じような品質基準を追求し、サステナビリティと継続的改善にコミットすることにより、顧客に合わせて事業を行います。

5.リスクを軽減します。サプライヤーのパーフォーマンスやビジネス慣行を吟味することは、とくにその企業が主要なサプライヤーへの依存度を高めているときほど、ビジネスリスクの軽減につながります。リスクは財務上なり操業上なりのものであるかもしれず、それらは地理的距離によっても増加します。

6.サプライヤーのパフォーマンスを向上します。サプライヤー評価の目標は、サプライヤーのパフォーマンス評価と改善となります。単にパフォーマンスを測定することだけでもプラスの影響がありますが、サプライヤーのパフォーマンスが目に見えて向上する継続的な改善活動につながる場合、サプライヤー評価は最も効果を発揮します。サプライヤーのトレーニングと開発などのフォローアップ活動や、サプライヤー評価の結果に対し修正する活動は、数値においてもプラスの結果を得る最良の方法です。

サプライヤーのサステナビリティパフォーマンスを評価し、パフォーマンスを向上させるするツールをお探しですか?

+能力ウェビナーシリーズ:貴社がサプライチェーンのサステナビリティをナビゲートする能力を向上させましょう
今すぐ登録する
新機能:バロメーター2024:調達を戦略的サステナビリティ&レジリエンスパートナーに変革する
表示する